親父と息子の口喧嘩(北方領土をロシアに色分け 米国務省サイト) | 親父と息子の口喧嘩

親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

 

産経新聞の指摘を受け修正「技術的な問題」

 

親父「米国務省が今月10日、世界各地の国・地域の危険度を4段階に分けてウェブサイト上で公表した海外安全情報の地図で、日本固有の領土である北方四島が、最も安全な日本などの『危険度1』ではなく、ロシアと同じで渡航の再検討を促す『危険度3』に色分けされていたことが分かったそうだ(産経ニュ-ス2018.1.23 19:39更新)。」
 

親父「北方領土がロシア領であるとの誤解を招きかねないことから、産経新聞が米政府の立場をただしたところ、同省は22日までに北方領土の色分けを『危険度』に修正したそうだ(同上)。」

 

親父「米政府はこれまで、北方領土に関して、『米国は日本の主権を確認している』などと繰り返し表明している。

地図の色分けに関し、米国の立場に何らかの変化があったかの確認を求めたところ、国務省当局者は『地図は政策変更を示すものではない』と強調するとともに、地図を修正したことを明らかにしたそうだ(同上)。」

 

親父「新たな海外安全情報を公表した際に、北方領土をロシアと同じ危険度に色分けした理由について、国務省は『いくつかの技術的な問題』があったとしているが、問題の詳細については明らかにしていないそうだ(同上)。」

 

親父「米中央情報局(CIA)が世界各国の概要を公表しているウェブサイトに掲載されている地図では、北方領土を日本として色分けした上で、『1945年にソ連によって占領され、ロシアに管理され、日本によって(領有権が)主張されている』との注釈が付けられている(同上)。」
 

 

親父と息子のブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス