親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

親父「米紙ワシントン・ポスト(電子版)は24日、北朝鮮への先制攻撃に米国民の67%が反対し、賛成は23%にとどまったとする世論調査結果を掲載した。

北朝鮮の核・ミサイル開発に米国内の危機感が高まる中でも、米国や同盟国が攻撃されるまでは武力行使すべきでないと考える米国人が多数派を占めたそうだ(時事通信9/24(日) 15:26配信)。」

 

 親父「調査は同紙と米ABCニュースが18~21日、1002人を対象に電話で実施した。北朝鮮に関しては70%が『米国に対する深刻な脅威』と認識している。

一方、米国が先制攻撃を仕掛けた場合、東アジアで大規模な戦争が起きる可能性については、69%が『大きなリスクがある』と答えたそうだ(同上)。」

 

 親父「北朝鮮に核開発を断念させる手段として、より厳しい経済制裁を科すことには76%が賛成し、資金支援や貿易など財政面の見返りを与えることには61%が反対したそうだ(同上)。」

 

親父「北朝鮮問題をめぐり『トランプ大統領が責任ある態度で対応すると信用しているか』という質問には、肯定的回答が37%で、否定的回答の62%を大きく下回った。

米軍指導部が責任ある態度で行動すると考える人は72%に上り、大統領より軍への信頼が厚いことを示したそうだ(同上)。」

 

 

親父「米世論も意外と健全だね。

北朝鮮への先制攻撃に米国民の67%が反対して、賛成の23%を大きく上回っている事実は私の予想を超えているな。

まあ、世間ではこんなメディアの世論調査など宛にならないという考えも根強いんだろうけどね。」

 

 

息子 「日本もアメリカも、メディアの世論調査というのを鵜呑みにするのは、よくないな。

 

元々怪しい企業が、『我々の調査では90%が美味しいと言っています。90%ですよ。調査したんですよ。』と言っているのを、疑いなく信じるかね。

 

まぁ万が一これが信頼できるとしても、心配する必要はない。

 

アメリカは相手の先制攻撃をでっちあげる前科が多々ある国だから。

 

ベトナム戦争の時のトンキン湾事件も、まったくのウソということが後に分かったし。イラクのフセインの大量破壊兵器もでっちあげだったと、バレた。

 

米国民もそんな最近の話をすっかり忘れたとも思えない。だから、一応ばれないように、もう少し『ちゃんとしたでっちあげ』をしてね。それなら攻撃をしてもよいよ。と、言っているのだろう。」

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

親父と息子のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。