親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

親父「韓国国防部は18日に開かれた国会国防委員会全体会議への報告資料で、核とミサイルによる北朝鮮の威嚇に対抗するため実効的な措置を取ると報告した。今月から朝鮮半島周辺に米国の戦略兵器が展開され、合同演習が実施される。

国防部によると、今月中に米軍の戦略爆撃機B1Bを展開する訓練を行い、今月から10月初めまでに韓米日で北朝鮮ミサイルを海上で探知・追跡する訓練も実施する計画だ。10月には米軍の原子力空母ロナルド・レーガンをはじめとする空母打撃群が朝鮮半島周辺海域に展開され、韓国海軍と合同演習を行うそうだ(聯合ニュース9/18(月) 11:47配信)。」

 

親父「国防部は『米国の戦略資産(兵器)の定例的な配備を持続的に強化し、(韓米)ミサイル指針改定に向けた協議を速やかに完了する』と報告した。

さらに『韓国型3軸体系戦力の早期確保に努め、各種の国防協力協議の枠組みを通じて対北制裁と圧力へ国際社会との協調を強化する』とした。

3軸体系とは、北朝鮮にミサイル発射の兆しがあれば先に破壊する『キルチェーン』、発射されたミサイルを迎撃する『韓国型ミサイル防衛(KAMD)』、北朝鮮が攻撃してきた場合に指導部などに報復攻撃を行う『大量反撃報復(KMPR)』からなる韓国軍独自の取り組みのことだそうだ(同上)。」

 

 

親父「 国防部はまた、北朝鮮のミサイルが韓国の領空を通過することに備え、国民と軍への警報発令の準備を進めていると説明した。

ただし、韓国領空を通過する北朝鮮ミサイルの迎撃に関する説明はなかったそうだ(同上)。」

 

 

息子 「韓国は、現在の政権があまりに親北朝鮮だというのもあるだろうが、北朝鮮の行動にも本当に他人事だという反応だったのにね。

 

今年4月の北朝鮮のミサイル発射の際も、東京の地下鉄が止まったことに、『大げさな反応』だというような意見が、韓国から出ていたくらいだ。

 

日本から見ていても、心配なくらい他人事のような無関心さだった。それが急にこの慌てぶりだ。

 

彼らは、熱くなると過剰な行動をする傾向があるので、正直心配だ。勇み足の攻撃すらし兼ねない。

 

知っての通り、これまで多くの国々が朝鮮半島の過剰行動や煽りによって、戦争に巻き込まれてきた。

 

大元帝国へ日本を攻めるよう煽ったのも朝鮮だった。日清戦争や日露戦争が起こったのも、朝鮮のせいだった。朝鮮戦争で米ソ中、国連が巻き込まれたのも、記憶に新しい。

 

結局、また貴方たちのせいか、と、またなり兼ねない。韓国のヤル気が恐ろしい。」

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

親父と息子のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。