親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

親父「 政府によると、北朝鮮は日本時間15日午前6時57分ごろ、北朝鮮西岸から東北地方に向けてミサイルが発射された。7時6分ごろ、北海道上空から太平洋に抜けた模様。政府はJアラートを発令して警戒を呼び掛けた。(毎日新聞)」」

 

親父「政府は、北朝鮮から発射されたミサイルが15日午前7時4分ごろ、日本の領域に侵入し、午前7時6分ごろ、領域から出て、午前7時16分ごろ、襟裳岬の東、およそ2000キロに落下したと発表した(NHK NEWS WEB 9月15日 7時32分)。」

 

親父「韓国合同参謀本部によると、北朝鮮の平壌付近から15日朝、東方に向けミサイルが発射された。

ミサイルは日本上空を通過したもよう。

韓国大統領府は同日午前8時から国家安全保障会議(NSC)の開催を決めた(産経ニュ-ス2017.9.15 07:26更新)。」

 

 

親父「菅官房長官は、15日午前7時30分すぎ総理大臣官邸で、臨時の記者会見を行い、『本日6時57分ごろ北朝鮮西岸より、1発の弾道ミサイルが北東方向に発射された。本弾道ミサイルは7時4分ごろから6分ごろに北海道上空を通過し、7時16分ごろ、襟裳岬の東およそ2000キロの太平洋上に落下した』と述べた。

そのうえで、菅官房長官は、現在のところ、日本の領域への落下物は確認されず、現時点で、付近を航行する航空機や船舶への被害報告なども無いと説明した(NHK NEWS WEB 9月15日 7時42分)。」

 

親父「韓国軍合同参謀本部は15日、北朝鮮が同日午前、平壌市の順安付近から東へミサイルを発射したことを受け、東海上に弾道ミサイル「玄武2」を発射した。

合同参謀本部関係者は『北のミサイル発射と同時に、順安飛行場までの距離(250キロ)を考慮して玄武2を東海上に発射する射撃訓練を実施した』と明らかにした。

韓米軍当局は北朝鮮のミサイル発射兆候をとらえ、綿密に監視していたということだ(聯合ニュース9/15(金) 7:38配信)。」

 

【Jアラート(全国瞬時警報システム)発表地域】
・北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県

・06:57頃     北朝鮮西岸(平壌近郊とみられる)から弾道ミサイル1発発射 東北方面へ
・07:01      Jアラート第1報
・07:04~07:06頃 日本領域上空(北海道地方)を通過
・07:07      Jアラート第2報
・07:16頃     襟裳岬の東約2000kmの太平洋上に着水

・07:30      菅官房長官記者会見、現時点で日本領域への落下物や被害などは確認されていない

 

 

 

 

親父と息子のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。