親父と息子の口喧嘩(北朝鮮 記念日の翌日の挑発へ警戒続く) | 親父と息子の口喧嘩

親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

親父「9日、建国記念日を迎えた北朝鮮は、懸念されていた追加の挑発に出なかったが、このところ、記念日の翌日に相次いで弾道ミサイルを発射していることから、各国の警戒が続いているようだな(NHK NEWS WEB 9月10日 4時03分)。」

 

親父「北朝鮮は9日、69回目の建国記念日を迎え、首都ピョンヤンでは、金日成主席と金正日総書記の銅像が並ぶ『万寿台の丘』に、大勢の市民や兵士が訪れて花を手向けたほか、民族衣装を着た女性たちが屋外で音楽コンサートを開くなど祝賀ムードに包まれたそうだ(同上)。」

 

親父「北朝鮮はことしに入って、朝鮮戦争の休戦協定が結ばれた日で『戦勝記念日』と位置づける7月27日の翌日に、ICBM級の『火星14型』1発を発射した。

また、先月も、25日の『先軍節』と呼ばれる記念日の翌日に、短距離弾道ミサイル3発を、28日の海軍の記念日の翌日には、北海道の上空を通過して太平洋に落下させる形で新型の中距離弾道ミサイル『火星12型」1発を、それぞれ発射している。

このように北朝鮮は、このところ、記念日の翌日に相次いで弾道ミサイルを発射していることから、各国の警戒が続いているそうだ(同上)。」

 

 

親父と息子のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス