親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

親父「産経ニュ-スが興味深い記事を載せている。

それは石油禁輸に応じない中国の態度についての観測だ。

記事はこうだ。

・北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイルの発射や核実験の強行を受け、国際社会で北朝鮮への石油禁輸を求める声が高まっている。その9割を供給しているとみられる中国の動向がカギを握るが、中国は依然として禁輸には応じようとしない。なぜか(産経ニュ-ス2017.9.4 21:21更新)。」

 

 親父「中国は、遼寧省丹東から北朝鮮へ延びるパイプラインを通じて原油を送り続けている。その量は年間約50万トンと推定されるそうだ。

だから、中国がそのバルブを閉め、石油製品の輸出も停止すれば、燃料を大量に必要とする北朝鮮の軍事挑発に歯止めをかけられる-というのが国際社会の描くシナリオだ。

ところが、これに中国が応じられない理由は5つあるのだそうだ(同上)。」

 

 親父「次に、北朝鮮にとって生命線といえる原油・石油製品の供給がストップすれば、経済へのダメージも甚大だ。

社会混乱、政権崩壊につながりかねない。中国としては、(1)大量の難民が中国に押し寄せる(2)親米政権が誕生する-事態は断じて受け入れられない(同上)。」

 

親父「3番目に、生命線を断たれた北朝鮮の金正恩政権が暴発する可能性もある。供給停止で中朝関係は最悪の状況に陥っているはずで、北のミサイルが北京に飛んでこないともかぎらない(同上)。」

 

親父「4番目に、中国が原油・石油製品の供給を停止したとしても、ロシアが秘密裏に供給し続ける可能性がある。その場合、北朝鮮との関係を悪化させた中国だけが損をすることになる。実際、ロシアの北朝鮮への石油輸出は急増している(同上)。」

 

親父「最後に、中国にとって石油の禁輸措置は北朝鮮に圧力をかけられる最大のカードであり、それを使っても効果がなかった場合、北朝鮮へ影響力を行使できる手段を全て失うことになる(同上)。」

 

 親父「中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は4日付社説で、『中国が石油を禁輸しても、北朝鮮の核・ミサイル活動を阻止できるか分からない。中朝が全面的に対立するだけだ』と主張し、石油禁輸に反対したそうだな(同上)。」

 

 

息子 「まぁ確かに色々と理由はあるだろうね。

 

どの理由にせよ、ポスト有事の状況を見据えているというだろう。

 

つまり、新体制となった際にも、できるだけ有利なポジションを取れるよう、アメリカ側だけでなく、逆張りしておくということだ。

 

金王朝をアメリカが力で潰した場合、そのやり方と結果によっては、国際社会や朝鮮人民からも、かなりの非難があがる可能性もある。

 

そして、その非難を煽る国々も色々と出てくる。

 

その場合にも、正義の味方ヅラ(中立ヅラ)できるように、ということだろうね。その辺りも外交の定石だ。

 

ロシアのプーチン大統領が、きっちりとその立場を取り続けている。うまい話になれば当事者として、ややこしいようなら、部外者(中立)として振舞えるポジションだ。

 

もちろん我らが日本は、アメリカと一蓮托生となる。当事者のど真ん中として、腹をくくらねば。

 

有事となれば、こういった曖昧なポジションをとる国々(中露プラス韓国)に、付け入る隙を与えぬように、抑えるべきポイントをアメリカと共に抑えていくべきだ。」

 

親父「中国が恐れているのは、北京と上海に核ミサイルを撃ち込まれることだよね。

刈り上げ金さんならやりかねないからね(笑)。」

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

親父と息子のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。