ホームページビルダーでwordpressをいじってみた | アベマユの女社長な日々
2012-11-06 13:09:26

ホームページビルダーでwordpressをいじってみた

テーマ:wordpress
最新版ホームページビルダー17を使ってwordpressをいじってみました。
どんな機能なのかな?と興味を持っていましたが、要は“wordpressのスタイルシートや本文入力がホームページビルダーの画面上でできる”ということですね。

とにかく、ホームページビルダーがwordpressを採用した、ということはサイトはHTMLではなくて、Wordpressを使って作りなさいよ、ということ。

ソースタグ打ちからサイトを作って来た身としては時代だなぁ~となんだか感慨深いものであります。

さて、使用感というと、結局はホームページビルダーとwordpressを行き来する感じです。
ホームページビルダー内のテンプレートを使って、wordpressと紐付け。
トップページや大体のページの文章、または画像などはホームページビルダーを使って作って、本文(記事)やプラグインはWordpressでやってね、という感じです。

結局はホームページビルダーだけで完結はせず、どちらにしてもwordpressを良く知る必要がある、ということですね。



アベマユの女社長な日々-ホームページビルダー起動画面
↑ホームページビルダー起動画面

まず、ホームページビルダーを立ち上げると、「wordpressでホームページを作る」というようなダイアログが出ます。今までのHTMLのホームページは比較的小さくなって、“基本WPで”という方針がうかがえます。

インストールからビルダー上でできます。
ただ、FTPを打たなければならないので、最初はちょっと戸惑う。

私は既にサーバーにインストールしてあるデフォルト状態のWPを紐付けしてみました。

すると、WPのダッシュボードに“hpbダッシュボード”なるものができ、そこから記事更新ができるようになります。要はホームページビルダーのテンプレートを選択すると、Wordpressの“投稿タイプ”が構築される、というような感じです。



アベマユの女社長な日々-ホームページビルダーダッシュボード
↑ホームページビルダーと関連付けされたダッシュボード

本文入力の装飾などはWordpressのプラグイン「TinyMCE Advanced」なんかでカバーできるので、う~ん・・・ホームページビルダーのテンプレートを使って最初にサイトの“見た目”だけ整えて、後は結局Wordpressの画面上だけで事足りるかな、というところ。

ただ、利点もあります。

ここでちょっとまとめます。

メリット
・Wordpressのインストールからサイトの管理ができる
・ヘッダーやバナーなどの画像が視覚的にビルダー→ウェブアートデザイナーで作成できる
・スタイルシートが視覚的に編集できる
・トップページや各ページの文字入力や装飾がビルダー上で視覚的にできる
・レスポンシブルに対応している(PC、スマートフォン、タブレットに対応)
・店舗や企業などは必要なページ構成が出来ているテンプレートを使用できる
・Wordpress独自タグを使わなくてもある程度ビルダー上で調整可能


アベマユの女社長な日々-ホームページビルダー編集画面


デメリット
・ホームページビルダー以外のテンプレートを使っている、または使いたい場合は意味がない
・サイドバーのウィジェットなどはビルダー上でできない
・既存のテンプレートはビルダー上で編集できない
・凝ったレイアウトや独自ソースを使っての要素の追加は結局WP上で行う必要がある


つまり、印象としてはWordpressって何?という人や企業や店舗のサイトである程度形が決まっている人はホームページビルダーの「らくらくwordpress」は使いやすいかと。
(ちなみに書籍セットもありますが、セットの書籍は基本しか書かれていないので、書店で立ち読みの上、ビルダーの機能を全て書いてある書籍を一冊買った方がベスト)

既にWordpressを使ったことがあり、気にったテンプレートがある人や慣れている人はそのままwordpressに詳しくなった方が良い!と感じました。
アフィリエイトには・・・後者の方がいいかもしれませんね。



以上、レビューでした!




アベマユ@サクッとプチ起業さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス