相手を完全に理解することはできない | 制限から解放され自分らしく生きるための法則☆ヒーリングスクールLiberty

制限から解放され自分らしく生きるための法則☆ヒーリングスクールLiberty

シャーマン、スピリチュアルティーチャー、錬金術師、陰陽師としてエネルギーワーク、セッション、ヒーリング講習を提供しています
〔ブログ記事よりヒーリングを受け取っていただくことができます〕

ヒーリングスクールLiberty まゆみです。


 Libertyでは、自分自身を癒していきたい方、もっと自分を好きになりたい方のお手伝いをしています。




【期間限定ワーク】ゲートを超えて目的地へ向かう

 

 

 


一つ前の記事の中の 

・私と他の人は、別の存在(他の人もそれぞれ別の存在)のお話です。




私の中に、この真理があるが故に『人は、他の人を完全に理解することはできない』というものがあります。

親子だろうが、夫婦だろうが、付き合いが長かろうが、どんなに親しかろうが関係なく、です。

だって、自分とは別の存在ですから。(自分自身のことでさえ充分に理解していると言える!?)




一見すると、とても冷たい、ネガティブな考えのように感じられるかもしれません。

ですが、この思考があることによって「だから、
相手を理解しようと努める必要がある」と思っています。

例え、相手が自分と同じ経験をしていたとしても「それ分かる~」と、自分と同じだと容易に決め付けません。




実際に、全く同じ経験をしたとしても、感じることはそれぞれ違います。

ある人にとっては、気にならないことでも、別のある人にとっては気に障ったり・・・。

ある人にとっては、何でもないことでも、別のある人にとっては辛かったり・・・。

ある人にとっては、簡単なことでも、別のある人にとっては難しく感じられたり・・・。

と、挙げたら切りがありませんよね(笑)

それに、ある出来事に同じように悲しみを感じたとしても、その悲しみの程度やそこに対する思い入れまでも同じではありません。







そのようなことを前提として、自分の経験や知識を通して、相手を分かったつもりにならないように気を付けています。

もし、相手のことを全部分かっていると思ったのなら、その時点で理解の範囲を限定していることに他ならないのです。

分かったと思えたとしても、それはその人のある側面でしかないのですから。




完全には分かり合えないからこそ、
もっと相手を知ろうとすること、もっと自分の考えや思いを伝えることが大事なのだと思います。