IMG_6050.jpg 

CD付き絵本はコチラ↓
CD付Something from Nothing (JY Books)

CD無し絵本はコチラ↓
Something from Nothing/Scholastic Press
¥2,392
Amazon.co.jp
イベント で読んだこの絵本は、
わたしが大好きな絵本の一つ。

その理由は、まず、最後のページで
「おぉ…」
となるからです。
(気になる人は読んでみてくださいね
今回も、会場の大人の方たちから、感嘆の声が

次に、絵がすてきだからです。
絵の細部までよく見てみると、
絵の中にさまざまな物語が
描き込まれていることがわかります。

例えば、
主人公Joseph のお父さんの職業は?
Grandfather の職業は?
(家の外に看板の絵が描かれてますよ)

ねずみさんたちの様子だけ追っていっても、
最初は何もない空間に住み始めるのですが、
 まさに、Something from Nothing しています。

Joseph のお母さんのお腹が大きくなって赤ちゃんが生まれて・・・
Joseph を取り巻く環境の変化も楽しめるし、
最後のJoseph はいったい何歳なんだろう?
と想像するのも楽しいですね。

小さい子にとっては、ちょっと長い絵本ですが、
絵に描かれているさまざまなことを発見しながら楽しめば、
何度でも本を開くことができます。

イベントでは、無くなったボタン、
どこへ行ったのかな?と探しました。
それ以外にも、たっくさんの発見がありますから、
購入された方はぜひ楽しんでくださいね。

最後に、
これはイベントでは言いそびれてしまったのですが。
この物語は、Jewish Folktale です。
私は、この、Something from Nothing という考え方は、
Jewish(ユダヤ人)という民族のあり方を
象徴しているような気がします。

これから国際人として生きていく上で
多民族理解は欠かせません。
文字を読んで感じ取るのとは異なり、
絵本の世界を通して多民族の考え方を感じ取るのも、
また、一つの絵本の楽しみ方ではないでしょうか。

そんな思いも込めて、この絵本を選びました。
イベントではここまでお話できませんでしたが、
ここに記して、
誰かが気づいて読んでくれるのを待ちます(笑)

イベントのミニレポートはコチラ↓
クリスマスイベント2015 ミニレポート(コスモピア出版)

Yuko