ノストラダムス予言詩で重要なのは第1章74番である。

この詩は後半部分が的中している。 前半部分はまだ的中していない。


第1章74番  

       休息した後、彼らはエピロスへ旅立つ

       強力な援軍がアンティオキアあたりからやってくる

       黒い縮れ毛の男が、帝国のために大いに骨を折る

       青銅のあご髭が鉄串の上で焼かれるだろう




       第3行目と4行目はサダム、フセインについて

       1990年から処刑される2006年までアメリカと対決




       青銅のあご鬚は解釈が難解

       2003年 4月9日にバグダット陥落の時に判明


       フセイン大統領の銅像が倒されて、首を切断

       首が引きづり回された様子