彼らが本気で編むときは、 | 設計デザイン部尾崎友美のしいて言うなら左の方です

設計デザイン部尾崎友美のしいて言うなら左の方です

長崎市の不動産会社、ABC不動産の浜町店で働くスタッフのブログです


テーマ:
どーも、ちっさいおっさん尾崎ですー


今日は色々疲れているあなたに是非!
観て頂きたい映画のご紹介


ひっさびさの号泣映画
これは良かった!!


「彼らが本気で編むときは、」
{1BBEF93B-5B77-4975-A392-C8EEF0E3A804}

良かったっす〜
まじ良かったっす〜



あらすじ‥

『かもめ食堂』『めがね』などの荻上直子監督が手掛けたオリジナル脚本の人間ドラマ。母親に育児放棄された少女が叔父とその恋人に出会い、共同生活をするさまを描く。女性として人生を歩もうとするトランスジェンダーの主人公リンコを生田斗真、その恋人マキオを桐谷健太、母親に置き去りにされたトモを子役の柿原りんか、彼らを取り巻く人々を、ミムラ、田中美佐子、小池栄子、りりィ、門脇麦が演じている。

母親が家を出てしまい置き去りにされた11歳のトモ(柿原りんか)が、おじのマキオ(桐谷健太)の家を訪ねると、彼は恋人リンコ(生田斗真)と生活していた。トランスジェンダーのリンコは、トモにおいしい手料理をふるまい優しく接する。母以上に自分に愛情を注ぎ、家庭の温もりを与えてくれるリンコに困惑するトモだったが……。





生田さんが凄いの。
めっちゃキレイなんですよ。
色々と考えさせられる作品。
自分の甘さを恥ずかしく思い、反省しました。


ほっこりと、そして切なく。
観たあとに、明日も頑張ろうと思えた映画でした。

オザキさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス