「春から秋は外に出す」「冬は和室に置く」
今年は観葉植物との毎日がかなり変化した一年でした。
まさか私が観葉植物を外に出すなんて!←去年の私じゃ考えられなかった

外に出したのは室内で徒長したり元気がなくなったり、挿し木でふやした観葉植物たち。
元気になったのは外に出したからだと思っていたけど…どうやらそれだけじゃなさそうなのです。



以下、我が家の観葉植物における私の個人的見解です。

わかりやすく変わったフランスゴムの木で見てみます。
10月28日はどの葉っぱも葉先が枯れてしまっていたけど、11月14日にマルチングを取り除いたら…
葉先が枯れなくなった!
置場所は和室のままなのに、季節的には寒くなっているのに、葉っぱは元気!

外に出すときは必ず外用の鉢に植え替えて、マルチングはなしでした。
もっと突っ込んでいえば、秋から気にしているマルチング、これが観葉植物をダメにしている原因だったのかも?←ガーンガーンガーン…

と思ったらもう気になって気になって、少しずつマルチングをやめたり減らしたりしています。
マルチングをしていてもなんともない観葉植物もあるので、そういう観葉植物をリビングに置けばいいかな。
室内に置きたい観葉植物のマルチング材も、春の植え替え時に変えてみよう。



春の植え替えと言えば、夫が職場で育てていたポトスが和室に仲間入りしました。
春に植え替えます。だってこんなに徒長~。
今年はポトスマーブルクイーンをお迎えし、今も元気に育てられているので、こののびのびポトスも仕立て直せるに違いない。



2019年はお迎えした観葉植物より挿し木でふやした観葉植物の方が多い一年でした。
2020年はマルチングを見直し、私の不手際で弱らせないようにしたいと思います。

今年も観葉植物の生長を綴るだけのブログにお付き合いくださった皆様、どうもありがとうございました!
良いお年をお迎えください♡






にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ