第35回全日本珠算技能競技大会 By 亀山 太陽 | はやしそろばん総合学園 大会観戦・参戦記

はやしそろばん総合学園 大会観戦・参戦記

はやし学園観戦記をリニューアル!!
大会の様子等が余すことなく綴られています。


テーマ:

 みなさん初めまして。今回初めて参戦記を書かせていただきます。亀山太陽です。よろしくお願いします。この参戦記なのですが、実は一度、自分が書いた文章が訳分からなくなり、最初から書き直しています。それぐらい作文が苦手です。さらに、今これを書いている時期がちょうど弊校の運動会の準備期間とかぶってしまい、時間がない中書いているあり様です。変な文章にだけならないといいのですが…。まぁ、とにかく頑張って書いていこうと思います。



 さて、この「全日本珠算技能競技大会」。昨年は×暗1題ミスで2位、一昨年は予選敗退と、僕はこの大会であまり良い結果を残せていませんでした。しかも、今まで本選で満点を取ったことが一度もないのです。今年こそは…!そう思いながら練習をやっていたのですが、練習中あまり点数が安定せず、あまり自信を持てないまま、とうとう出発日が来てしまいました。



 出発日。この日は朝に教室で練習をしてから、東京へ出発しました。東京に着いてから、部屋で少し練習し、その後夕食を食べ、早めに就寝。明日に備えます。



 次の日、大会当日。睡眠時間をたっぷりとれたので、頭がスッキリした状態で起きることができました。朝食を食べ、いよいよ会場へ。行く途中、バスの扉が開かないだの、道に迷っただので時間をロスしてしまったのですが、なんとか時間前に到着。正直結構ヒヤヒヤしましたが。

 定刻通りに大会が始まり、少々長かった開会式が終わった後、ついに競技開始でございます!

 まずは、個人総合。緊張はしたのですが、手は震えず、昨年よりも落ち着いてやることができました。すべての種目が終わり、ドキドキの交換採点へ…!僕は採点中は自分の点数を見たくなかったので、手で視界と音を遮断しながら採点していました(今回はあまり意味が無かったんですけどね笑)。自分の採点が終わり、横を見てみると、今まさに点数を記入していることころでした。満点を祈りながら見ていると、×暗:150、÷暗:150、見暗:150、×算:150、÷算:150、見取算:150 ………合計:150!ん?あれ!?合計おかしいぞ!?もう気付いていると思いますが、はい、そうです。平均書かれちゃっていました。勢いで書いてしまったのだろうけど。でも、その後ちゃんと直してもらったので、一安心。ということで、本選初の満点です!やったぜ!しかし、安心してはいけません。この競技は団体総合もふまえています。各団体の3名の合計がその団体の点数となるのですが、僕は満点なので、あと2人、誰か満点を取っていてくれれば…。そう思いながら周りの人に点数を聞いてみました。すると、後ろの席の智貴先輩が昨年に引き続き満点を取っていました。さすが先輩だなと思いました。しかし、満点者は宮城県から他に出ませんでした。結果、団体の点数は2695点。満点まであと一題というところでした。僕は正直これでもなんとか勝てるのではと思ってました。が、そんなに大会は甘くなかった。三重の三人全員満点でした。やはり強かった!でも、来年は団体絶対勝とう!



 続いては、読上暗算です。僕はあまり種目別競技は得意ではありません。特にこの読上暗算では、練習中たまに小学生に負けるということがありました。それぐらい苦手です。今回はなんとか8桁を当ててギリギリ3位に入れたのですが、もっと各桁の正答率を上げていきたいです。今回の優勝は、個人で満点を取った智貴先輩、準優勝は同じく当学園の学君でした。おめでとうございます!



 次に、個人総合の決勝戦が行われました。決勝は個人の満点者が、スピードと点数で競うのですが、今回の満点者は5人。僕と智貴先輩、三重県の杵川さん、平澤さん、津谷さんです。今の自分の実力では、このメンバーで一位になれません。なので、一人、二人ぐらいは越してやろうと決勝をやりました。しかし、見事に全員に負け、ビリでした。くっ……、無念……。



 よし、切り替えよう!昼食後、次は、僕がまぁまぁ得意と思っている読上算です。この種目は結構自信あったので、ちょっとばかり優勝狙っていました。まず、一題目なのですが、二部はこの一題で入賞枠が決まってしまいました。僕はもちろん、この一題目は外しませんでした。しかし、それ以降、聞き取りミスなどで何問か間違ってしまい、気が付けば3位決定戦まで下がってしまいました。もう優勝とはかけ離れてしまいました。そこから3題連続で当て、なんとか3位に入りましたが、悔しい結果になってしまいました。優勝は智貴先輩でした!これで二冠目です!(すごいな…。)



 最後の種目は、フラッシュ暗算です。しかし、この種目はあっけなく終わってしまいました。1題も書かないうちに賞が決まってしまい、僕が最初に当てたのは、入賞が決まってから2題後でした。あかん、これもっと頑張らなければ…。ちなみに優勝は三重県の杵川さんでした。



 これで全種目が終了しました。ここで表彰式です。まずは団体。二部は先程言った通り準優勝だったのですが、一部は宮城県が優勝しました!その一人には当学園の春貴が入っています。おめでとう!続いて個人。二部、決勝をやった結果は………、優勝は杵川さん、準優勝は智貴先輩でした。僕は2位でした。これまであまり他の人には触れていませんでしたが、当学園で28つの賞を取ることできました。これで大会終了です。



 その後、みんなで記念撮影をして……、あ、Tシャツのこと忘れてました。今回は情熱の赤色で、「一珠入魂」と書かれていました。来年からもこれを使うそうです。

 この大会を通して、自分は全体的にまだまだ力不足だなと感じました。特に、個人の決勝でボロ負けしてしまったので、スピードをもっとつけたいなと思います。また、精神的な面でも、練習中鍛えていきたいと思います。

 では、この辺で終わりにしたいと思います。最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!

H abacusさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス