3-4.人格特性とは?人格特性4つの指標④過去の成功法則 | あなたのみちを開く、タロットリーダーな野田歩海ブログ。

あなたのみちを開く、タロットリーダーな野田歩海ブログ。

占い師というよりも、タロット好きなタロットリーダー。私の強み「みちを開く」「水平線視野」「きっかけの人」などなどを使って、あなたの行く先をナビゲートします。

「強み発掘!わたしの中の中心軸セミナー」の基礎を項目ごとに解説しています。

たてやじるしこれまでの記事はコチラ
0.中心軸セミナー解説について
0-1.中心軸を探す前に①「個別化」すること
0-2.中心軸を探す前に②「正しい」妥協をすること
0-3.中心軸を探す前に③強いものに流されない
1.中心軸をみつける~中心軸とは
2-1.強みとは?強みの特徴①「できてしまうこと」
2-2.強みとは?強みの特徴②使っているときに、ストレスを感じることがない
2-3.強みとは?強みの特徴③「気がつかない」指摘されても「否定してしまう」
2-4.強みとは?強みの構造
2-5.強みを発掘するための3つの方法①ポジティブ・フィードバック
2-5.強みを発掘するための3つの方法②ジョブ・フィードバック
2-5.強みを発掘するための3つの方法③フィードバック分析
2-6.強みを磨き、伸ばすポイント
2-7.強みを生かす使い方
3-1.人格特性とは?人格特性4つの指標①価値観
3-2.人格特性とは?人格特性4つの指標②ブロック
3-3.人格特性とは?人格特性4つの指標③コミュニケーションスタイル


人格特性4つの指標のうち3つをお話ししました。

特に前回の③コミュニケーションスタイルは自分でも分かりやすいんじゃないかな、と思います。

合う・合わないというのはどうしてもありますよね。
こればかりはどうしようもありません。


次は最後の項目です。

①価値観
②ブロック
③コミュニケーションスタイル
④過去の成功法則

過去の成功法則とは、過去に上手くできたパターンを使って、今も同じ方法で成果を得ようとするパターン化された習慣の事を言います。



物事を上手くいかせるための智恵ではありますが、変化を避ける人間心理でもあります。

もちろん実際に上手くいく事も多々あります。
が、その方法が機能しない、効果的でない、となると上手くいっていない現実からとり残されて次の手が打てくなってしまうこともあります。


例)手料理で好きな人をおとした
   ↓
  男は胃袋をつかめ!と毎回料理を振る舞う(さらに、相手が変わっても同じ事をする)


自分がどんな時に何をどんなパターンでやっているか、を観察してみましょう。


それが、過去の成功法則に当てはめていないか、今までその法則は生かされているか向き合う事が大切です。




これで人格特性4つの指標が出揃いました。


あなたは何を大切にし、何を避け、誰とどんな関わり方をして、どんなパターンを使っているか。。。少しでもわかってきましたか?


強みと同じように、意外と自分の特性というのは分かっていないものです。


すぐに答えが揃わなくてかまいません。
少しづつでもいいのでご自分と対話を続けてみてください。



これで「強み」と「人格特性」を柱とした「私の中の中心軸」の解説は以上です。


next4.最後に