3-2.人格特性とは?人格特性4つの指標②ブロック | あなたのみちを開く、タロットリーダーな野田歩海ブログ。

あなたのみちを開く、タロットリーダーな野田歩海ブログ。

占い師というよりも、タロット好きなタロットリーダー。私の強み「みちを開く」「水平線視野」「きっかけの人」などなどを使って、あなたの行く先をナビゲートします。

next「強み発掘!わたしの中の中心軸セミナー」の基礎を項目ごとに解説しています。


たてやじるしこれまでの記事はコチラ
0.中心軸セミナー解説について
0-1.中心軸を探す前に①「個別化」すること
0-2.中心軸を探す前に②「正しい」妥協をすること
0-3.中心軸を探す前に③強いものに流されない
1.中心軸をみつける~中心軸とは
2-1.強みとは?強みの特徴①「できてしまうこと」
2-2.強みとは?強みの特徴②使っているときに、ストレスを感じることがない
2-3.強みとは?強みの特徴③「気がつかない」指摘されても「否定してしまう」
2-4.強みとは?強みの構造
2-5.強みを発掘するための3つの方法①ポジティブ・フィードバック
2-5.強みを発掘するための3つの方法②ジョブ・フィードバック
2-5.強みを発掘するための3つの方法③フィードバック分析
2-6.強みを磨き、伸ばすポイント
2-7.強みを生かす使い方
3-1.人格特性とは?人格特性4つの指標①価値観


強みに関する解説が終わり、人格特性についてスタートしました。


あなたの価値観はどんなものでしょうか。
「自分を知る」ということにおいては非常に大切なポイントであると思います。

では、次。

①価値観
②ブロック
③コミュニケーションスタイル
④過去の成功法則

ブロックとは「抵抗を感じること」

感情の中でも不安や恐れなどの消極的な感情を避けるために、心に強く持っているものです。


ブロックというとよく悪いものとしてとられがちですが、物事を避ける基準なだけであって、ブロックそのものに善し悪しはありません。


中には持っていなくてはいけないモノもあります。

例)物を勝手にもらってはいけない(=盗んではいけない)
  人を殺してはいけない など


ただし、自分を生かしてゆくためには困ったブロックや自分を押しとどめているブロックは外した方がいいです。

例)自分には価値がない
  頑張らなくちゃいけない
  ちゃんとしなきゃいけない
  自分では何もできない
  自分でしなくちゃいけない など

実例をあげると

例)大好きな人に思いきって告白した!
   ↓
  ふられただけじゃなく、バカにされてネタにまでされた
   ↓
  立ち直れないほど傷ついて自分から告白できなくなった

悲しい思いをしてしまったため、また同じ思いをしたくないというマイナスな感情を避けるために「告白できない」というブロックができた例です。

相手が変われば同じ事が起こる可能性は低くなります。
ともすればOKしてもらえるかもしれないし、ダメでも「ありがとう」と言ってもらえるかもしれない。
しかし、ブロックがあるが故に告白できない自分がいる。


好きなのに。
付き合いたいのに。
本当は気持ちを伝えたいのに。

もったいない。



ブロックは自覚する事やトライしてみる(または習慣化してみる)ことで外す事ができます。


上記の場合であれば
「相手が違うのだから、同じに結果になるとは限らない」と自覚してトライしてみる事です。


そのためには、「これはブロックだ」と自覚した時にはブロックができた時の感情をしっかりと味わってみる(逃げない・納得する)こと。
素直に自分と対話してみてくださいね。
あの時はあの時。今は今です。




ただし、自覚しようがしまいが自分で外せないブロックもあります。
ブロック解除をしている専門家に外してもらいましょう。

その場合には信用できる専門家に依頼してください。
なんちゃってさんも沢山います。
その人が発信している情報を読み本当にブロックの扱いに長けているのか見極めて依頼をしてください。



次は③コミュニケーションスタイルについてお話しします。
next3-3.人格特性とは?人格特性4つの指標③コミュニケーションスタイル