1.中心軸を見つける〜中心軸とは | あなたのみちを開く、タロットリーダーな野田歩海ブログ。

あなたのみちを開く、タロットリーダーな野田歩海ブログ。

占い師というよりも、タロット好きなタロットリーダー。私の強み「みちを開く」「水平線視野」「きっかけの人」などなどを使って、あなたの行く先をナビゲートします。

「強み発掘!自分の中の中心軸セミナー」の基礎を項目ごとに解説してゆきます。


たてやじるしこれまでの記事はコチラ
0.中心軸セミナー解説について
0-1.中心軸を探す前に①「個別化」すること
0-2.中心軸を探す前に②「正しい」妥協をすること
0-3.中心軸を探す前に③強いものに流されない

本題に入る前にまず考え方や知覚をリセットするためのお話を書きました。


リセットされたかな?



本題に入ります。


まず、1.中心軸を見つける~中心軸とは



自分の軸を中心にするということは、どういうことか


わたしたちは自分を見た時に「足りない」「何もない」と思ってしまいがちです。


社会生活のなかで生きてゆくには「役に立つなにか」であったり
「自分を生かせる何か」を身につけないといけない、
そう思っていませんか?


本当にそうでしょうか。


わたしたちは自分の人生を生きるために生きているはず。



自分の人生において主役は自分です。
主役に「足りない」はないのです。


わたしたちは既にあらゆるものを持っています。
それが自分にとっては当たり前すぎて「ある」ように感じられないかもしれません。
むしろほとんどの場合が「ある」ことに気づいていません。


人は自分にあることが当たり前すぎて気づかず外の世界を見がちです。
外の世界=社会です。

自分が社会で生きてゆくために
社会で上手くいくための「スキル」を身につけようとします。

例えば、仕事に就くために資格をとる。
人間関係を円滑にするために心理学をかじる。
そうまでしなくても相手に合わせるようにする。
婚活のために料理教室に通う。
それらはすべて社会でうまくいくためのスキルです。


スキルがあれば認められる。
スキルがあれば上手くいく。

しかもそれでもまだ上手くいかないときは
まだ足りない!とさらに資格取得をめざしたり
これではいけない!と新しいものに目を向ける。
スキルがない、スキルが足りない、スキルアップしなくちゃ!

社会で生きてゆくために
社会で認められるために。

スキルを中心にするということは
外の世界である社会を中心にしているということです。



あなたの人生はあなたが中心であるはずなのに。


本来持っているものに気づかず
「ある」ものを「ない」としてしまうということは
内の世界である自分を蔑ろにして
外の世界である社会を軸としていることになってしまいます。


自分の軸を中心にするということは
「ある」ものを「ある」と認め
自分がすでに持っているもので自分を立てること
 
です。


すでに持っているもの
それは

他の人には難しくても自分にはできてしまう「強み」と
自分がどんな人間であるかという「人格特性」

これで自分の軸を立て
自分の基準で
自分の人生を生きるということにフォーカスする


それが中心軸です。




次からは「強み」について解説してゆきます。
next2-1.強みとは?強みの特徴①「できてしまうこと」