AAsana ~占星術

AAsana ~占星術

サイデリアル方式のインド占星術でおもに検証結果などを書いていきます。自分の勉強用記事、独自の見解も多いのでご参考までに★


Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

久々過ぎる更新ですが、もう春の到来になりました。桜の季節だけれども・・いつもいつのまにか時間がたってしまいます。見てくださる方ありがとうざいますm(__)m!


個人的には、生活習慣の中でも栄養の興味から派生し、通教で食の学習がやっと修了、少し達成感です、なぜならば新しい学習はもうこの年からだと難しいのです、奥が深いです。占星術も、1つのチャートを何週間も、他のものと並行して1つのテーマを何ヶ月も考えることがあったりします。掘り下げれば掘り下げるほど、どうしたらいいのかなってところで、悩ましくもアルのでした。


以下専門的記事です。
3月9日に日食もあり、水瓶座ー獅子座関連の方たちは、変容があったのではないですかね。でも、普通に生活していたらそれが変容だとは気づかないレベルだと思います。獅子座は主役で、水瓶座関連は獅子座関連に影響を受ける時期。水瓶座、獅子座ラグナやラグナ支配星等だけではなく、太陽・月を含む惑星集中、水瓶座、獅子座にRa-Keが在住、ダシャー支配星が在住しているなどは特にですね。さて、Raが獅子座に在住、ラグナ支配星が獅子座に在住する山羊座ラグナのT君のことです。今、恋愛関係において悩んで抜けられない状態。T君は、山羊座ラグナで8室に土星とRaがコンジャクションでRaのディスポジターは12室に在住する太陽。プラティアンタルダシャーはRa期。8室は苦悩なんですが、その前に9室の規則性が覆されるので、期待はずれなこと、本人的には裏切られ感となって、そこから苦悩となっています。トランジットでは獅子座活性化していてラグナからは8室になるし、Raは獅子座に在住している現在、気分は激しい厭離に悩まされている。アンタルダシャーが月なので、月から見て12室。出生のRaが重なり、蠍座からトランジット土星も獅子座にアスペクトしているので、影響が出てきます。うーん、どの部屋にあってもRaはエネルギー過多になるので、12室に関与していても無執着とはならない><。むしろものすごく引退したくなる、退きたくなる、要するに別れの決断をしたくなったりする。ディスポジターの太陽も12室だから、我欲や主張を捨てていけるタイミングであったりするから、現実的にはうまくいってなくても、精神的にはよかったりする場合もあると思うのです。


長年の自分観察を含めて「そのような気持ちになる」こと自体はもうほとんど決まっている、要するに自分自身がカルマそのもの、半自動的だったりするので「もっと軽くいこう、前向きに行こう!気にせずに楽しもう!」というメッセージだけではなかなか難しいのであります。でも、まずは諦めない姿勢は大事なのだと思うのです。主張や我を捨てていくことを諦めずに?!



テーマ:

明けましておめでとうございます。


しばらくぶりの更新ですが、元気です。

相変わらず介護に行ったり来たり。根性なしなので、疲労しちゃってました。思うことがいろいろあるけど、老後のことなど考えてしまう数ヶ月でしたね。健康でいつづけることは大事だけれども、長く生きればいいとも言えないし、かと言ってボケてもいくし、生まれ持った星もあるし、って思ったりしてます。


以下専門的記事です。
今年は、1月末にRaが獅子座に入り、今年前半まではまだまだ獅子座活性化中。最近思うことですが、Akの惑星&サインというのは経験値が高いというか、年を経ていくにつれて強く出てくる気がする。あまり自覚できない部分で表面にはっきり出てくるわけじゃないのだけど、芯のその人らしさというか、日々変化するものに簡単に作用されないというか、、主体性というか。頭の中にはいつもチャートがこびりついてしまっていて、途中途中でアッと気づくことがいろいろあって。d1だけでも惑星が違ってもナクシャトラまで同じ人とは絶対変わらない何かがあるような気がする。この忠誠心って何だろうって思ったら、d9でも同サインだったり。ラグナや月が理想、行動や感情の癖だったりすると、Akと在住サインに関しては、決して侵されない領域?同時にラグナ支配星であったり月だったりヴァルゴッダマだったりする場合で度数も高かったりすると、惑星の性質、在住するサイン、ナクシャトラ等の性質は特徴的に出てくる感じがする。これこそ真に成熟している部分、運気が変わっても根付いており干渉されにくい、または干渉できにくい性質を持っているから、Akの惑星も重要だったです。天王星・海王星・冥王星は含んでいないけれど、度数が高ければ作用するのかな(※個人的感覚ですが><)。



テーマ:

久々の更新ですが、元気です^^。あっという間に猛暑も終わり、もう秋の気配になってしまいました。やっと少し涼しくなってきましたね。それぞれ新しい流れがはじまっていますね。私は相変わらず生活習慣の大切さから、食と運動(効果的なものは人それぞれですがやりすぎてもやらなさすぎてもストレスですね)、栄養素のことなど勉強したりしています。自分家族やワンコに実践、いつか何か役立てることがわかればいいなって思います。さて、夏からは天秤座ラグナは稼ぐ力だったり、蠍座ラグナは社会運上昇中、水瓶座ラグナは対人運活性化している方も多いですかね、山羊座ラグナはサポートにまわると良さそうですね。先日の獅子座満月、蟹座での金星逆行に火星コンジャクション等、一時的に人によっては、暴走しないようにとも読める星回りだったかなぁ。私も若干暴走気味でした^^。(例えば出生で逆行惑星があり、トランジットでも逆行するタイミングなどその惑星が表示することに関してクリアーになるとかクリアーにしたほうがよい等ですね、ダシャーと噛み合えば具現化が起こりやすいですね、※すべての人にあてはまるわけではないです)。今後は水星も逆行しますが、常に惑星は動き続け移動しており逆行したり順行したり、これが繰り返され個人の波動と連動して反応しあっているので、何よりもまずは、しっかり地に足をつけるのをいつも意図するの大事ですね自分にも言い聞かせています。そして、それはよい波動を取り入れるための適切な食や効果的な運動などを含めた毎日の生活習慣はサポートしてくれるはずです。


以下専門的記事です。

今後の人生が楽しそうな現在活性化中の獅子座ラグナの方の検証です。過去モニターKさん。趣味で手話をはじめて人生の中でやっと深めていきたいものに出会えたとのことで、これからどうなるかを見てみました。「最初はコミュニケーションできる嬉しさだけだったけど、聴覚障害者がうけてきた長年の差別や、ろう運動の歴史、社会の壁を知ったうえで、将来的にもっと知識・技術を深めていきたいと思っています」とおっしゃっていました。手話を習い始めたのが、アンタルダシャー金星期です。金星はコミュニケーションの3室を支配して、楽しみの5室に在住しています。5室は射手座でディスポジターは木星で3室に在住し星座交換しています。3室の月から見ても3室に金星が在住します^^。Kさん、聴覚障害者のご友人も出来たそうです。今はまだ機能的に凶となる水星のマハーダシャーですので、ちょっときついこともあるのですが、今後Ke期を経て人生後半に金星期に入っていきます。Keは1室に在住し、9室支配星の火星にアスペクトされています。keはラグナ支配星でもあるディスポジターの太陽にもアスペクトしていますので、自己研鑽を経て楽しい金星期が訪れる可能性が大ですね^^。



テーマ:

以下専門的記事です。


牡牛座ラグナ、とても忍耐強い方が多いです。外見や雰囲気とは裏腹に、忍耐強いというか、粘ります。逆境にも負けない、本番に強い、めげない不動の精神を持ち、あたわったものを守ります、涙を流しながらもじっと耐えるという面もあります。長期戦に挑めるという特徴があり、純粋さも兼ね備わっています。そして、牡牛座ラグナは、笑顔がかわいらしく色白でチャーミングな女性も多いですね、目立つ人も多い^^。今回そんな、モニターNさんの現況を伺いました。現在はマハーダシャーカが金星期に入りました。保母さんの資格がありますが、今までは異業種に従事していました。ご結婚されてお2人の子供に恵まれて落ち着いた頃、10室に在住するラグナ支配星の金星期に入ってから児童の教育機関に従事して子育て中のお母さんたちをサポートするお仕事に就いています。ラグナ支配星であり、10室に在住することから、人生の中で自分らしい、身についているものや、理想を生かせる仕事に就けるダシャーに入りました。ラグナ支配星が10室に在住してその支配星のダシャーが訪れる場合は、その時期は社会貢献をすることになります。月も魚座に在住し、共感力、受容心、流れを止めないので人の話を聞けるスキルが高いです。牡牛座ラグナは6室を同時支配しますので、自分の得意なことを生かせます。6室は天秤座ですから、調整力も抜群。4室へアスペクトしますので、家庭に中では快適に過ごしたい思いも強いです。夢は快適な家と猫を飼うことだそうです★(d9でも11室を支配する4室に在住する金星なので叶えて欲しいものです)。そのラグナロード天秤座6室には8-11室支配星の木星が在住しますので、魚座の月も加味すると、セラピスト、カウンセリングなどに適正があり、天性といってもいいかもしれません。クライアントへの説得力もあるでしょう。子育ては粘りと長期戦です。


テーマ:

大型連休始まってますが、今年は桜の開花は早くて散ってしまいましたね。やっぱり春は気持ちいい季節。さて、習慣が性格を作るって良く言われますけど、個人的に歯医者さんで正しい歯磨きの習得できた体験からきっかけ→派生し、普通の「掃除」も面倒と思うことは少なくなったかも~(換気扇はいまだ面倒かも)。無意識化に落とし込むまで習慣づけたいな^^。それと、食に意識が向かってます。私たちそのものも元素でできているってことを忘れがち。星の子★。身体もそれぞれ個性を持った元素くんたちが集積されたものなので、身体全体で心とか意志とか作っているようなものかな。少し食の好みが変わってきて、あんなに興味のなかったむしろ嫌い><だった「昆布」が大好きになってしまった。便通がとても良くなりました^^。ただ、食オタクの母と話をしていましが、昆布はヨウ素という元素が多いので、食べ過ぎると甲状腺機能バランスに影響が出るとのこと。今年に入ってから昆布大好きになって、毎日すごい量を食べていたのですが・・眠くて仕方ないのはそのせいか?でも、摂取量などもそれぞれの身体にあった数値があるから多量摂取しても大丈夫な人もいるだろうし、一般化するのも難しいですよね~。最近、病気も怪我もしたことないっていう健康な人の話をいろいろ聞いていると、共通する項目が出てきました。当たり前なのかもしませんが、

1.生活の中での行動を気をつけている

2.すぐに病院に行かない、すぐに薬を飲まない

3.小さな不調でも無理せず休養を再優先する

4.自分のペースを守るため主体性を持つ

5.食べ過ぎたら調整したり運動する

身体の声を聞くこともできていそうです、上記のように、健康体である人を見習った生活をしていると身についていくかもですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、土星が逆行の時って過去の物事が決まるというか、形になっていくってことが多いですね。もちろん良し悪しでは感じ方もそれぞれなんですけど、いろいろ報告などを聞いていて停滞する混乱するっていうのは、変化するのでそう感じるだけで、客観的事実として決まる、結果が出ているみたいな進むみたいな♪常に自分だけじゃなくて相手があることなので、過去のことなど統合されて決まるのはタイミングあるんですよね。さて、木星の逆行も終わっていて、これから木星は獅子座に入ってきます。


テーマ:

春らしくなって来ました。年度末ですね。3月は卒業・入学・異動・移動など、家庭人も社会人も、忙しい毎日を過ごされている方も多いかと思います。惑星たちも気忙しい感じですので、3月に入ってからうまくいかないっ(`へ´*)ノという方もおりますが大丈夫です。何か「これがうまく回らないな」とか、何か「気になることやどうしたらいいかわからない」といったことの現象が起きた場合などの方は、自律心を持ち、最優先事項に繰り上げて、熟考して結果を出すようにすると良いです^^人生には毎度そういったことが起きるのが常なので、今回に限らず基本的なこととして、


★楽観しない

★甘えない・頼らない、しかし意見は求める

★熟考する

★焦らない

★様々な視点から選択肢を探り出す

★最終的に結果を出し形にする(構築)


ということを意識してスタートを切ると良いですよ~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※土星が3月14日から逆行しています(木星も蟹座で逆行)。土星の逆行に関しては、前回の逆行時に観察していて、今回も個人的にもいろいろ気づくことが多いので兼自分観察中です。思いとか=癖とか=パターンとかを、修正しあうため、自律心を持つことがベターと言えそうですね(逆行中のトランジット土星が在住するハウスが象徴する事においてなど)。例えば、2室で土星が逆行している場合で、土星が2室や2室支配星と絡んで、土星のアンタルダシャーだった場合などは、貯金や資産が減っていく現象などがあったりする場合、「現況を把握し、財布のひもを締め、収支バランスを見直す、経済を把握し今までの観念を見直し構築する機会」と捉えるといいですね。また、7室で土星が逆行していますと、配偶者やパートナー間で楽しみが減るということだったりする場合もありますので「現況を把握し、じっくり考えて、自分のできる範囲で責任を果たしていくように努め、気にせず期待せず淡々と」ということを意図したりすると良いですね。向き合うと充実!愚痴って逃げると障害!これは生涯において鉄則かもです。ここで、取り組んだら次の土星の逆行時は、身について、楽々にクリアなっているかもしれません^^。










テーマ:

以下専門的記事です。


金星はいろいろ意味がありますが、「五感の心地よさ」のエネルギーの1つでもありますラブラブ。恋人同士の歯の浮くようなセリフ、美しい音楽で聴覚が心地よく刺激され、美味しいものカクテルグラスを食べて味覚が満足、ハーブティの香りで臭覚が刺激され、芸術鑑賞、お花に囲まれ視覚が潤い?ブーケ2、着心地の良い衣服を触覚で楽しみます。心地悪いものはなるべく選択しないので、牡牛座ですと粗悪な品物や不味い食べ物><はいやでしょうし、天秤座ですと喧嘩や争いなどから生じる「争っている顔」×視覚、「争っている汚い言葉」×聴覚なども×、それを回避するために平和主義になったり調和を重んじる精神が育ったり。皆が心地良いと感じられるものを先取り♪審美眼にも優れています。なので、牡牛座ラグナ、天秤座ラグナ、1室金星、ラグナ支配星の金星が月とコンジャクション等の方は心地よい環境を意図したり、パターンになっている心地悪い状況になることを想定して、そうならないよう準備、回避するように工夫するのも良いのではないでしょうかね。または、自分の心地よいと思えるものをすぐ取り入れられるように、自分にとって何が心地よくさせるのかをちゃんと把握しておき、都度浄化ツールとして生活の中で準備していたらいいかなと思います♪1-7室に金星や金星&月が関わっている等の方なども、やっぱりチャーミングで魅力的だなって思います。金星さんは笑顔がかわいい女性が多いo(〃^▽^〃)o、ブアイソ顔( ̄^ ̄)傾向な私は、笑顔レッスンを強制的にでも習慣づけてみようかな~。


※上記は絡む惑星によって解釈はいろいろ&微妙に変化していきます。


(そういえば、また正しい歯磨きを習得した件についてなんですが、「身について習慣づいたものは応用できる」ことがわかった(当たり前の話?)。歯磨きは細かい場所の掃除のようなもの。乙女座的。磨き残しのない磨き方をできるようになってから、掃除や食器の洗い方も意識していないのに、細やかな力の入れ具合なども突然変わった。おもしろいです。)






テーマ:

さて、私の体験、犬のことです。一筋縄ではいかなかった現在飼っている犬のトレーニングをしてきて思ったことです。繊細さからくる攻撃性の強い難しい子だったので、必死で勉強し、同じ犬種を飼う方にアドバイスをもらったり、トレーナーさんにコツを聞いたり、試しながら少し安定した関係が築けて来ました。「噛むぞ~」と好戦的だったり威嚇していた時は、最初はどうやったら噛まないようにするのか攻撃性をおさめられるのか、と強制的にでもしつけしなければと必死で焦っていましたが、以下のようにまずは信頼関係作りから、そして、テクニックを身に着けて、ゆっくり確実に良い行動をしていけるように誘導するだけなのだ~ということがわかりました。


★これは犬の場合ですが、扱いが難しい部下(6室)がいたらヒントになるかも?って思いました。


「第一は環境に慣れさせる、構い過ぎない、距離を置く、べたべたしない、観察しあう期間を設ける、安心感を与える行動を心がける、ストレスを取り除くケアをする、強制しない、命令しない、して欲しくない行動をさせない環境作り、感情で接しない、どっしり構える、失敗を怒らず正しい行為をした時にだけ褒める、叱るタイミングと褒めるタイミングを間違えない、自発性を引き出す、評価するのを忘れない、考えさせる、成功体験を増やす機会を作る、意思確認を怠らない、確実に覚えてもらって(10を10教えないで1だけを確実に)焦らず長期戦で~次のステップへ」


ことごとく失敗したのは、感情的になること、強制すること(逆上されて終了むかっ)、構いすぎること(図に乗るアップ)、でしたね。ワンコに育てられちゃいましたね(^o^;)




テーマ:

記事の内容についてなんですが、昨夜、尊敬するお一人の方のブログを読みましたら、もしかしたら、自分もそうなのかもと感じる内容があったので(感受もカルマみたいなもの)、改めて考えてみました。私はかなり変わっている(自分では普通だと思っていますがむかっ)のかもしれなく、一般的ではない記事も多いですし。配慮した内容も逆に誤解される場合もあるのかもしれないと思いました。公開している限り誰が読むかわからないので、今後は、現社会的な視点を意図したいと思います。


さて、最近は父のことや新しく迎えた犬のしつけがだいぶ落ち着いてきて、少し余裕ができてきました。犬は遺伝病も発生して大変でしたね。牧羊犬の雄なのですが、犬種の中でもIQが高いと言われる犬種です。頭がいいということは、ものすごくしつけしずらいということで。繊細で自分で考えて行動するということが優先されるので、頭を使わせかつ繊細さに配慮しないと強大なストレスになるので「噛み犬」になるリスクの高い犬!アメリカでは飼い主が放棄する犬種NOなので、犬のトレーナーさんでも手を焼くほどの犬種だったらしく・・・。本当に人を噛まないようにするまで、若干ノイローゼ気味になるくらい大変でした(汗)。ワンコ簡単検証。双子座に太陽と月と木星と火星と水星が在住し、惑星集中しています。すばしっこくて、自己主張も強くて、反射神経、スポーツ万能で、繊細です。基本的に知りたがりで好奇心旺盛(双子座)、コミュニケーションを欲し、何でも「今の言葉の意味は何?」と聞いて来ます。知らない言語にものすごく敏感です。愛情を与えるには、まずはテクニック。観察と想像力とタイミングなんですよ~。


さて、犬やペットは、占星術では6室を表しますが、6室は自分が扱えるハウスですね。対等ではなく管理してあげる存在。飼い主に委ねられます。天秤座ラグナや牡牛座ラグナ、射手座ラグナで6室に生来的吉星とか、ラグナ支配星と6室支配星が絡んでいれば、愛玩犬を飼うのが良さそうですね、可愛がります。牡牛座ラグナのモニターKさんは、金星が1室に在住しており、ペットが恋人のようラブラブとおっしゃり、牡牛座ラグナのモニターNさんは、6室に木星が在住し、ラグナ支配星の金星へアスペクトしており、いつも捨て猫ちゃんをお世話したり、病気のにゃんちゃんにも献身的でしたね。奉仕型の方は、ペットをお勧めしますねこへび






テーマ:
以下専門的記事です。
さて、占星術ってどうやって占っているのかということの一部です。私はインド占星術を使用していますが、インド占星術にもたくさんの流派や技法があるようです。私はインド人占星術家に教えていただいたり、モニターさん、書籍・自分の体験や家族など、観察・考察したりしながらなので、独自の見解を含んでいます。ですので、伝統的正統派なインド占星術ではありませんのでご参考程度にお願いしますm(_ _ )m。

占星術というのは、惑星が人体に与える影響があると定義した上で体系化された技術をもとに成立しています。インド占星術は、9つの惑星を使用します。惑星たちには様々な象意があります。太陽は、天文学では「恒星」月は地球の「衛星」ですが、占星術ではすべて「惑星」としてひとくくりにします。また、太陽の通り道である「黄道」と月の通り道である「白道」の交点(上昇↑点とー下降↓点)をRaとKeという実星に見立て、「太陽・水星・金星・月・火星・木星・土星・Ra・Ke」の合計9つの惑星を使用しています(西洋占星術で一般的に使用される「天王星・海王星・冥王星」を使用する方や場合もあります)。

さて、この惑星の中でも実星ではない惑星の「RaやKe」の影響を受ける時期は、予想外の出来事だったり、突発的なことや、不思議なことが起きたりします。そして、RaやKeが太陽と月とコンジャクトする場合、月や太陽の時期もRaやKeの影響を受けたりします。Raですと現世での吸引力があるので社会的には上昇期になったりします。Keですと内面に深く入り込んだり、現世的なものに無関心になったり、損失したりします(どちらに良し悪しがあるわけではないのですがRaは慎重に常識に沿って行動したり、Keは深く入り過ぎないよう留意することなども必要かもしれません)。
●Ra-執着・粘着・むこうみず・エネルギー過多・狂信・外国・外国人・宇宙・予想外の出来事・出会い
●Ke-無執着・解放・離脱・純粋・非物質・精神世界・外国・外国人・心理(月)探求・オカルト・スピリチュアル・予想外の出来事・別れ

以下、太陽とKeがコンジャクション、Nさんのケースの検証例です。
★山羊座ラグナです。獅子座の8室にKeと太陽が在住しています。ダシャーは、Ke/太陽期です。8室に関する太陽のアンタルダシャーの時は、予想外の出来事に合いました。Keは8室に在住し、太陽は8室支配星で8室に在住(ムーラトリコーナ)し、2室へアスペクトしています。太陽はKeとコンジャクトしていることから、Keの損失の影響が強くなります。そのKeは、ラグナ支配星でもある2室支配星の土星にアスペクトします。Keのディスポジターは、太陽ですから、大きな(太陽)8室(被害)による2室(資源)のKe(損失)を表します。資源の変化ですね。Keも太陽も生来的凶星であり、なおかつ生来的凶星であり縮小の土星と損失のKeが、関わることは、現世的(浄化視点では、起きた現象を良し悪しで判断できないです)にはマイナスと思われる予想外の出来事であると言えます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス