こんにちは、もしくはこんばんは。



皐月 玲です。



前回の記事では、ホスティーとしては、

御法度、タブーと言われているムー的な、、



オカ○トネタをこしらえてしまったことをお赦し下さいませ。(命の母飲みます。)




そして、七夕イベントが終わりました。



応援して下さった方々ありがとうございました!



感謝しておりますm(_ _)m




昨日東京は雨が降っていたので、

残念ながら曇っていましたが、



最近、個人的に恋愛映画を観まして。



もう文句無しの良作品で、


かなーり感動しちゃいまして。


ラストシーンでは、思わず大号泣してしまいました!



あの、泣かない男の皐月がですよ!?

(知らんがな)



映画のジャンルは結構幅広く観るのですが、


恋愛物も案外ええやないか!


と感銘を受けた次第であります。




そんなタイミングで、七夕を迎えたものですから、織姫と彦星のロマンチック・ストーリーも、



斜に構えず、アンチイズムを抱かず、

「ええよなー愛って。」と、純粋に思ってしまいました。





(あぁ、ついにブログで〝愛はええよなー″とか言ってしまった!)



前回は、呪いがどうのこうのとか言ってたのに、、


まさか今回愛について語り出すとは、、




もはや 丸眼鏡かけてラブ&ピースのTシャツ着てジョン・レノン営業でも始めるしかないかな。。



俺のヨーコ募集中みたいな。。



いやあ 


我ながらなんて行き当たりばったりのお天気野郎なんだ。ヤン坊マー坊もびっくりですね。



まあ、何はともあれイイ映画に出逢えて幸せでした。




そのうち、気が乗ったら、


『私が愛した映画達』みたいな記事でも書こうかなー。笑


はたして需要はあるのかな。



けど、「え、皐月こういう作品好きなんだ」とか、僕の思想というか感性を丸裸にさらけ出すようで、相当恥ずかしいんですよね。



自分の本棚を見られるのは恥ずかしいってのに似ています。



迷惑メールを、

お問い合わせメールと勘違いして、返信しかけた時ぐらいに恥ずかしいです。

(実話)



まあ、私「恥の多い人生を送ってきました」ってタイプの人間なので、

そんなの今更か。



なので、そういった感じで、

自己満多めのブログも少しずつ書いていくかもしれません。


皆様どうぞよろしくお願いします。



梅雨もようやく終わりに近づいて来たようなので、晴れの日も多くなるでしょう。



引き続き、素晴らしい日々を共に送っていきましょう♪



それでは失礼します。





グッドラック☆