こんにちは、もしくはこんばんは。


皐月 玲です。


サンジョルディ・イベントで応援していただいた皆様。本当にありがとうございました!!


感謝してます。


自撮りをすることが苦手なせいか、
ついつい写真の撮影を後回しにしてしまった愚かな私をどうかお許しください。



イベントのギリギリに撮影するだなんて、
サンジョルディの逸話に出てくるドラゴンにも失礼ですよね。まったく。


ごめんよ!ドラゴン!



余談ですが、私の撮影当日はこのような流れでした。

                    




4月22日。朝起床する。 
                
                ↓



撮影の気合いを入れる為、
まずは上半身裸になり、
朝日を浴びながら寒風摩擦をする。

                 ↓




書店に行き、
「サルでも上手く撮れる!自撮りの方法」を
購入する。

                  ↓



早速、二宮金次郎のように、
本を読みながら歩く。
新宿の街を右往左往する。

                 ↓




行きつけのジャズ喫茶に行き、マスターと会話をする。

私の『いかにして、自撮りが上手く撮れるか?』
といった問いかけに対し、

マスターは
【ジャズの神様 ルイ・アームストロング】の話を30分ほど始める。

聞く相手を間違えたことを悔やみつつ、

支払いを済ませて、ジャズ喫茶を出る。

                 ↓




新宿御苑に立ち寄り、道沿いのベンチに座る。

水面をなぞるように泳いでいる、
水鳥の姿をしばらく眺める。

こんな事してる場合ではないと、

はたと気づく。

               ↓



足早に、花屋を3件ハシゴして、

数本の薔薇を購入する。

               ↓




薔薇を抱えながら歩いていると、

新店のラーメン屋を発見する。

                ↓


【自分へのご褒美】という名目、

悪魔の囁きに惑わされ、

舌舐めずりで、のれんをくぐる。
                

                 ↓


ラーメンを注文して待ってる間、
『ぐるなび』を見てみると、その店のレビューが【☆ 1.5】になっていることを知って頭を抱え込む。

                 ↓

「これがほんとの孤独のグルメだ…。」
と、たいして上手くもない独り言をボソボソ呟きながら、ボソボソの麺をすする。
                
                 ↓


スープも具材も、味付けがあまりにもしょっぱかったので、大量に水を飲む。
(水の美味さは☆5であった。)
                 
                  ↓



結果、パンパンに顔がむくむ。(我が生涯の天敵)

                   ↓



涙目で家に帰り、半身浴をする。

                    ↓


お風呂につかりながら、

己と関わって頂いてる姫様達の顔を浮かべる。

次第に、自身のハートがゆるやかに満たされていき、

サン・ジョルディとドラゴンの聖なる決闘について想いを馳せる。
                    
                    ↓



その時。


信じられないことが起きました。





私の脳内で、

なんと、エメラルド・グリーンのドラゴンの姿がハッキリと浮かびあがったのです。


その姿たるや、威厳に満ち溢れ、

凛々しく。


本当に生きているようでした。


続いて、ドラゴンは私に向かって、
こう言い放ったのです。




『思い出せ。おまえのほんとうの名を。』




その瞬間、


私の全身の細胞は覚醒しました。





思い出したのです。


私の本当の名を。



私は、


私は、、




【やる気 元気 皐月】だったのです!





皐月は立ち上がりました。


急いでお風呂場を出ると。


全裸のまま、雄叫びをあげていたのです。





「自撮りがしたい!!!」






その後、


我が家では、


無事に、シャッター音が夜通し
けたたましく鳴り続きました。






ありがとう!ドラゴン!



じぶんを超えれたよ!



そして、みんなありがとう!



四月も残るところあとわずか。

ゴールデンウィークも、

引き続き一緒に楽しんでまいりましょう!


それでは、


皆様にとっての幸運がたくさん訪れることを祈って。




グッドラック☆