バレンタインありがとう!

テーマ:
こんにちは、もしくはこんばんは。


皐月 玲です。


バレンタイン・イベントが終わりました。
皆様。応援と素敵なプレゼントを本当にありがとうございました!


心から感謝しております。


日常を過ごす中で、


僕も様々な展開が起きますが、


もっともっと起きる展開を、
受け入れて愛していける人間になれたらいいな!


ってな感じの台詞を言うあたり、


まるでディズニー映画を観終わった直後のような発言ですね。笑


お恥ずかしい。


いやはや、
そんなことを言ってる場合ではござませんでした。


真冬といえども、
己自身に喝を入れる為に、


今から、ジョギングをして来ます!


独りイベント開催です。


しかし。ただ走るのでは退屈だし、


走り始めて5分〜10分もすれば、
華麗なるUターンを魅せ、
拙宅に帰還してしまうことでしょう。


ここはひとつ。
持ち前の妄想癖を使って、
走らざるを得ない状況を作ろうと決意しました。


練り上げたシナリオはこうです。


地球から、1億5000万キロメートル離れているといわれている太陽に。
 

ある日突然、自我が芽生えてしまいました。


そして、この太陽。
なんと僕にテレパシーを送ってきたのです。


『おい、そこの地球人よ。
これから走り続けないと、地球を燃やしてやるぞ!この野郎』と、


元々、太陽は地球にとってかけがえのない存在です。


幾億年も、無償で太陽エネルギーを地球に与えてくれていましたが、


禁断の果実を食べたのか、
どうしてだか分かりませんが、


突然変異で自己意識が芽生えてしまい、


地球に無償の奉仕活動なんぞしてやるものか。と、
怒りを露わにしてきたのです。


おそらくは、僕を存分に走らせて、
CO2を摂取するのが目的でしょう。


更に続けて、太陽から。


『ほら、早く走れ!
走り続けることが条件だ。
とにかく君のCO2が欲しいのだ。
休むなよ。さあ、もたもたするな!』と。


選ばれた僕は地球を救うため走らなければいけなくなってしまいました。


僕は走ります。どこまでもどこまでも。


ゼエゼエと、横腹の激痛を感じながら。


大量のCO2を発生させる為に。


無我夢中で駆け続けるのです。


当然、周りの通行人は、  


この僕が真冬のこの寒さの中、湯気を立てながら、
 

地球を救うために猛然と走っているなんぞ、知る由もありません。


しかし、足を止めたら、最後。
炎が地球を焼き尽くしてしまい、
この星は火の惑星になってしまいます。


皐月は全力で走ります。


とにかく走り続けます。


火の海から皆を守るため。


人類を守るため。


地球の歴史を未来へと繋げるため。



脳内では更に、ZARDの「負けないで」が流れ出します。


ヒーローたるもの強く優しくあれと、
いわれていますが、


この事を誰からも知られることなく、


讃えられないとしても、
役割を果たさないといけません。




「そろそろ満足したぞよ。
ご苦労であった。地球人。」



ピロピロピロン!



突然。アラームが鳴りました。


おお、


おお、、!!


時計を見たら2時間も経っていました。


最高記録達成です。


気づけばここはどこでしょうか。


見知らぬ街まで来てしまいました。


だいぶ走りました。


物語もおしまいです。太陽は元どおりです。


皆様。とにかく僕は地球を救ったようです。


ブルース・ウィルスの気持ちが少しだけ分かりました。


単純な話。


まあ、「ジョギングしたよ☆」というだけのお話です。笑

 

疲れたので、タクシー乗って帰宅します。笑
(おいっ。)




2月はすこぶる寒いですが、
ホットに元気に楽しく過ごしましょうね!


皆様、お身体や体調には十分お気をつけてお過ごしください。


僕は最近疲れが溜まってるのか、
ボケボケなので、
ちょっと行きつけのリフレッシュスパにでも行って、海馬の神経細胞を整えてきます。


ご迷惑かけた方すいませんm(_ _)m
(変なブログも)


それでは、皆様。
いつも応援してくれてありがとうございます。
傍にいてくれてありがとう!


グッドラック☆