一部売却の注文を出していたキーエンス。

残念ながら始値が本日の最安値で72,510円での売却。

その後も値を上げて、高値引けの74,000円で終了。

大失敗の巻。

 

上がりの速度が速すぎて、週末またぎが嫌な感じだったので利確したが、早まったなー。

まだまだ上がるのかいな?

 

ま、死んだ子の年を数えても詮無い。

毎月1万円ずつ購入しているキーエンス。

値上がりするたび売却してきた(前回は昨年5月に40,000円ちょうどで30株売却)が、年初に60,000円を窺うところまで上がった後、3月に50,000円を割った。

 

7月に再び60,000円を超えて、そろそろ売り時かなと様子を見ていたら、日経平均に新規採用とのニュース。

それを受けてあっという間に70,000円を超えた。

売るべきか、目先の天井見極めるべきか、悩ましい。

 

あまりに値がさすぎるので、また分割、思い切って10分割くらいしたらまた値上がりの要因になるかもだなー。

 

現在40株弱を保有。

平均取得価格は15,000円弱となっている。

8月の収支は21.4万円のマイナスだった。

 

・収入 34.0万円(利子、株式の配当、譲渡益)
・支出 55.5万円

 


時価会計管理は、

 

元本/時価ベースでの配分比率は、

・生活資金 8.8%/6.2% 先月末比▲49.5万円

・個人年金 3.0%/3.1% 先月末比△0.3万円
・投資資金 88.2%/90.7%(うち投資待機資金21.0%/13.0%) 先月末比△94.3万円
合計△45.1万円(投資による含み損益△66.5万円)

 

投資資金の元本/時価ベースでの配分比率および元本からの騰落率は、
・投資待機資金 21.0%/13.0% ▲38.2%(先月末比△2.6ポイント)
・株式(国内のみ) 7.5%/9.7% △29.6%(先月末比△5.6ポイント)
・投資信託 4.1%/6.2% △49.9%(先月末比△1.7ポイント)
・外貨預金 53.9%/60.6% △12.3%(先月末比△1.4ポイント)
・FX証拠金 13.6%/10.6% ▲21.7%(先月末比▲0.6ポイント)

 

円資産と外貨資産は、同じく元本/時価ベースでの配分比率および元本からの騰落率は、
・円資産 40.5%/35.4% ▲15.1%(先月末比▲0.1ポイント)
 投資資金 28.7%/26.1% ▲11.5%(先月末比△1.8ポイント)
  うち、投資待機資金 64.4%/45.0% ▲38.2%(先月末比△2.6ポイント)

  うち、投資資金 35.6%/55.0% △36.8%(先月末比△3.5ポイント)

・外貨資産 59.5%/64.6% △5.4%(先月末比△0.9ポイント)

 米ドル 59.0%/58.2% △4.1%(先月末比△0.4ポイント)
 ユーロほか 20.9%/26.9% △35.4%(先月末比△4.1ポイント)
 FX証拠金 20.1%/14.9% ▲21.7%(先月末比▲0.6ポイント)

 (FX証拠金は8/28時点)

 

投資の含み益は先月末比増。

 

日経平均 先月末比△3.0%
 28,089.54円(今月末終値)、27,283.59円(先月末終値)
SMTグローバル株式インデックス 先月末比△1.9%
 27,062円(今月末)、26,547円(先月末)
SMT新興国株式インデックス 先月末比▲1.2%
 33,193円(今月末)、33,593円(先月末)

 

米ドル/円は先月末比で0.4円(0.4%)の円安に。
ユーロ/円は0.4円(0.3%)の円高に。
豪ドル/円は0.7円(0.8%)の円高に。

米ドルにリンクして動くはずの香港ドルは0.1%、人民元は0.4%の円安に。

 

円高は一時的なものだったのか?

一部売却の注文を出していたインデックスファンド。

 

約定価額は先進国が取得単価16,481円に対して27,052円(基準価額27,065円から0.05%の信託財産留保額差し引き後)

新興国が取得単価24,904円に対して33,250円(基準価額33,350円から0.3%の信託財産留保額差し引き後)

だった。

今回売却した元本は50.4万円分。

 

これで、

先進国株式 元本129.5万円、時価212.8万円、損益83.2万円(△64.2%)

新興国株式 元本163.0万円、時価218.2万円、損益55.3万円(△33.9%)

合計 元本292.5万円、時価431.0万円、損益138.5万円(△47.3%)

となった。

毎月積み立てているインデックスファンド。

2月以来のリバランスを行うことにした。

約定日は8/26。

積み立てを7月で終了したSMTの方。

 

8/24時点

先進国株式 元本172.0万円、取得単価16,481円、基準価額26,672円、時価280.4万円、損益108.4万円(△63.1%)

新興国株式 元本170.9万円、取得単価24,904円、基準価額32,278円、時価221.5万円、損益50.6万円(△29.6%)

合計 元本342.9万円、時価502.0万円、損益159.1万円

 

これまで通り、元本相当分のキャッシュがあるとみなし、キャッシュ+ファンド時価=844.9万円の半分をファンドに回し、さらに先進国:新興国=1:1となるように売却口数を計算した。

 

先進国株式 257,500口(元本42.4万円分)、売却額69.2万円、確定利益26.8万円

新興国株式 136,100口(元本8.0万円分)、売却額10.3万円、確定利益2.4万円

合計 元本50.4万円分、売却額79.5万円、確定利益29.1万円

 

売却後は、

先進国株式 元本129.6万円、時価211.2万円、損益81.7万円(△63.1%)

新興国株式 元本163.0万円、時価211.2万円、損益48.3万円(△29.6%)

合計 元本292.5万円、時価422.4万円、損益129.9万円

となるはず。

 

前回売却時より先進国は上げているが、新興国は下げている。

この間の積立額は50万円なのでちょうどその分を売却することになり、利益はほぼゼロに近い。

意味あるのかな?と思いつつ、半年に一度、機械的にやろうと思う。

7月の収支は10.3万円のマイナスだった。

 

・収入 0.0万円(利子)
・支出 10.3万円

 


時価会計管理は、

 

元本/時価ベースでの配分比率は、

・生活資金 8.9%/6.8% 先月末比▲14.6万円

・個人年金 3.0%/3.1% 先月末比△0.3万円
・投資資金 88.1%/90.1%(うち投資待機資金20.4%/12.2%) 先月末比▲69.5万円
合計▲83.9万円(投資による含み損益▲73.5万円)

 

投資資金の元本/時価ベースでの配分比率および元本からの騰落率は、
・投資待機資金 20.4%/12.2% ▲40.8%(先月末比▲0.3ポイント)
・株式(国内のみ) 7.4%/9.3% △24.0%(先月末比△1.3ポイント)
・投資信託 4.7%/7.0% △48.2%(先月末比▲5.1ポイント)
・外貨預金 53.9%/60.6% △10.9%(先月末比▲1.1ポイント)
・FX証拠金 13.6%/10.8% ▲21.1%(先月末比▲2.5ポイント)

 

円資産と外貨資産は、同じく元本/時価ベースでの配分比率および元本からの騰落率は、
・円資産 40.5%/35.7% ▲15.0%(先月末比▲0.4ポイント)
 投資資金 28.6%/25.7% ▲13.3%(先月末比▲0.2ポイント)
  うち、投資待機資金 62.8%/42.9% ▲40.8%(先月末比▲0.3ポイント)

  うち、投資資金 37.2%/57.1% △33.3%(先月末比▲1.1ポイント)

・外貨資産 59.5%/64.3% △4.5%(先月末比▲1.4ポイント)

 米ドル 59.0%/58.5% △3.7%(先月末比▲1.0ポイント)
 ユーロほか 20.9%/26.3% △31.3%(先月末比▲1.3ポイント)
 FX証拠金 20.1%/15.2% ▲21.1%(先月末比▲2.5ポイント)

 

投資の含み益は先月末比減。

日本株、新興国株が弱いほか、円高の影響が大きい。

 

日経平均 先月末比▲5.2%
 27,283.59円(今月末終値)、28,791.53円(先月末終値)
SMTグローバル株式インデックス 先月末比△1.4%
 26,547円(今月末)、26,190円(先月末)
SMT新興国株式インデックス 先月末比▲6.5%
 33,593円(今月末)、35,936円(先月末)

 

米ドル/円は先月末比で1.1円(1.0%)の円高に。
ユーロ/円は1.5円(1.1%)の円高に。
豪ドル/円は2.3円(2.7%)の円高に。

米ドルにリンクして動くはずの香港ドルは1.1%、人民元は1.0%の円高に。

 

円高が一時的なものか気になるところ。

毎月積み立てているインデックスファンド。

これまでSMTのグローバル株式と新興国株式を積み立ててきたが、遅ればせながらより管理費用(信託報酬含む)の安いeMAXIS Slimに変更することにした。

積立日も月初から10日に変更。

 

SMTの積み立ては10年2か月継続した。

7/21日時点で、

先進国株式(グローバル株式) 元本 172.0万円、時価 275.8万円、損益 △98.8万円

新興国株式 元本 170.9万円、時価 239.4万円、損益 △63.4万円

合計 元本 342.9万円、時価 515.2万円、損益 △162.2万円

 

元々月5万円×10年間の目標で、本来ならば元本600万円になっているはずだが、これまで500万円分ほど売却、追加購入は160万円にとどまったため、目標額よりかなり少なくなった。

こちらについてはとりあえず保有を継続し、徐々にSlimに移行していこうと思う。

 

Slimは目標はとりあえず5年間。

先進国と新興国に5万円ずつ積み立て、半年をめどにリバランスを行う予定。

 

ちなみにSlimが設定されてから、先進国(2017/2/27~)は3%弱、新興国(2017/7/31~)は1%強、SMTよりも成績がよい。

Slimの方が信託報酬が0.45%程度安いことが効いている。