幸運の女神*21

テーマ:
先生 「宇野、ちょっと職員室までいいか?」

宇 「はい...」





ア 「にっしー?ねぇ...そろそろいいんじゃない?」

リ 「もう終わりにしようよ」

西 「終わり?」

日 「宇野が告白しなきゃ終わんねぇだろ?」

ア 「宇野さんは告白なんてしないでしょ(笑)」

日 「やけに自信あんだな?」

リ 「だって...あの宇野さんだよ?ムリムリ(笑)」

あのって何だよ...



西 「じゃあ...俺が告白すればいいんだな?」

ア 「は!?にっしーが!?」

日 「西島?」

リ 「...いいんじゃないの?にっしーが告白すれば。賭けも終わるし...まぁ、断られるに決まってるけど」

ア 「そうね...宇野さんが真に受けるわけないしね。じゃあ、にっしー告白してみてよ(笑)」

西 「わかった...」



告白すれば、賭けが終わる

告白すれば...

宇野は...

俺のこと、どう思ってるんだろう?







カタン...

告白か...