カラオケ「JOYSOUND」シリーズや「UGA」シリーズを展開するエクシングは12月3日、歌唱された楽曲の回数に基づき集計した「2012年JOYSOUND年間ランキング」(http://joysound.com/st/2012yearranking/ )を発表した。

このランキングは2012年1月1日~11月30日の期間に歌唱された楽曲を集計・まとめたもの。12月の1か月分によるランキングへの影響は軽微なため、速報として11月30日までの分で集計している。

その結果は次の通り。

◎楽曲ランキング

1位(→1位)「ヘビーローテーション」(AKB48)
2位(↑圏外)「女々しくて」(ゴールデンボンバー)
3位(↑圏外)「千本桜」(WhiteFlame feat.初音ミク)
4位(↓3位)「残酷な天使のテーゼ」(高橋洋子)
5位(↑36位)「栄光の架橋」「ゆず」
6位(↑38位)「フライングゲット」(AKB48)
7位(↑10位)「小さな恋のうた」(モンゴル800)
8位(↓6位)「キセキ」(GReeeeN)
9位(↑圏外)「マトリョシカ」(ハチ feat.初音ミク、GUMI)
10位(↑12位)「ハナミズキ」(一青窈)
11位(→11位)「Everyday、カチューシャ」(AKB48)
12位(↑13位)「ライオン」(May'n/中島愛)
13位(↑23位)「天体観測」(BUMP OF CHICKEN)
14位(↑24位)「創聖のアクエリオン」(AKINO)
15位(↑17位)「純恋歌」(湘南乃風)
16位(↑45位)「君の知らない物語」(Supercell)
17位(↑圏外)「Rising Sun」(EXILE)
18位(↑19位)「睡蓮花」(湘南乃風)
19位(↑20位)「愛唄」(GReeeeN)
20位(↑圏外)「やさしくなりたい」(斉藤和義)

楽曲ランキングでは、下半期に勢いを増したゴールデンボンバー「女々しくて」の猛追を抑え、AKB48「ヘビーローテーション」が2年連続で首位を守った。「女々しくて」は惜しくも1位を逃したものの、9月以降はJOYSOUND週間ランキングのトップを13週に渡って独占し続けるほどの人気ぶりを発揮。3年前にリリースされたこの楽曲が、ランキング圏外(50位以下)だった昨年から一気にブレイクを果たし、2位に急浮上という大快挙を遂げた。

また、少女時代やKARAが存在感を示した昨年とは一転、今年新たな顔ぶれとして加わったのは3位のWhiteFlame「千本桜」、9位のハチ「マトリョシカ」をはじめとしたVOCALOID楽曲。JOYSOUNDでは、2007年にカラオケとして初めてVOCALOID楽曲の配信をスタートし、現在では業界最多となる2,500曲を配信しているが、VOCALOID楽曲に絞ったランキングでは、「千本桜」を筆頭に昨年末にカラオケ配信を開始したばかりの楽曲がトップ5を占める結果となっており、今後も次々と生み出されるヒット曲の数々に注目が集まりそうだ。

アーティストランキングにおいては、数々のカラオケ定番曲を輩出するAKB48が首位を獲得し、昨年に引き続き楽曲ランキングとの2冠を達成。2位以降では、今年活動20周年を迎えたMr.ChildrenやL'Arc~en~Ciel、15周年を迎えたゆずなどがランクアップを果たしたほか、テレビ出演などを通じて飛躍的に知名度を向上させたゴールデンボンバーが圏外から14位へ大幅に順位を上げている。


◎アーティストランキング

1位 AKB48
2位 EXILE
3位 嵐
4位 Mr.Children
5位 西野カナ
6位 いきものがかり
7位 BUMP OF CHICKEN
8位 L'Arc~en~Ciel
9位 浜崎あゆみ
10位 倖田來未
11位 GReeeeN
12位 ポルノグラフィティ
13位 RADWIMPS
14位 ゴールデンボンバー
15位 コブクロ
16位 UVERworld
17位 ゆず
18位 湘南乃風
19位 B'z
20位 supercell

(ナリナリドットコム)


みくみく読者募集だよ芸能エンタメぶろぐ-カラオケで最も歌われた曲は?



みくみくブログ週間アクセスランキング


1位

水川あさみ、裸でベッドに寝転ぶセクシーショット アップ


2位

AKB増田有華が脱退!ISSAと“お泊り” 総選挙26位の呪い? アップ


3位

小栗旬、松坂桃李らが「着物」グラビア! 人気俳優12人が男の色気で“悩殺” アップ