こんにちは。


心屋認定カウンセラー 伊藤 久美(くみ)です。


ちょっと風が涼しくなってきましたね。




先日、
娘ちゃんのバスケの練習に
当番として行っていたのですが、
あまりに体育館が暑かったので、
体育館の入り口の扉を開けていたんです。


そしたら、
学校帰りの子どもたちが、
けっこう扉の中まで入ってくるんですね。


びっくり!


扉を閉めている時は、
中が気になるようでも、
入ってきたことはないんですけど、
やっぱり、扉が開いていると入りやすいんですね。


これって、
体育館の扉の話だけじゃなくて、
心の扉もそうだなぁ。と思いました。


人と距離があるなと感じる時、
自分の心の扉を閉めていませんか?


一番わかりやすいのは挨拶。


挨拶って自分からしていますか?


最近では、子どもに
知らない人には挨拶してはいけません。
挨拶されても、返事してはいけません。
と教える人もいるそうです。


通学路の見守りをしていて、
こちらから挨拶しても、
挨拶をしてくれる子は少なく、
少し、残念だなぁ。と思います。
ま、もちろん、お年頃ですから、
恥ずかしいとかもあるので、
しかたがないのですけどね。


挨拶ってあなたにとってどういうものですか?


自分からするもの?
年下からするもの?
部下、後輩からするもの?
挨拶しない人にはしない?


自分の中にそういう決まりありませんか?


お年頃の子どもがいると、
子どもから挨拶ってしなくなりませんか?
(うちの子どもだけか?)


起きてきたら、
おはよう!ってぐらい言って欲しい。


私はそう思います。


でも、
なかなか子どもからはしないよね。


こっちから言っても、無視。


さみしい(ToT)


それが毎日続くと
「おはよう」っていっても無駄かなって
思ったりしてしまう。


でもね。
それで、こっちが心の扉を閉めてしまったら、
それこそ、子どもの心の扉が開くことはないよね。


だからね。
仲良くなりたい人がいたら、
こちらから、心の扉を開けておこう!


挨拶もね。
年下からするもの。とか
子どもからするもの。とか
そんなの取っ払って、
仲良くなるための第一歩として、
まずは自分から挨拶してみよう!


返ってこなくても、
ずっとこちらからしていたら、
心の扉を開けていることには
相手も気づいてくれるから、
いつか、相手も扉を開けてくれるかも
しれないしね。



人と距離があるなぁと感じる時は
自分の心の扉を閉めていないか、
一回確認してみてねー!


あ!ちなみに、
近寄ってきてほしくない人には
ガッチリ心の扉を閉めておけばいいからね。


自分が仲良くなりたい人だけでいいよ♡




流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星

心屋塾オープンカウンセリング   

担当:伊藤 久美






日時          :9月26日 木曜日
                    10時半から12時半
 
会場時間  :10時20分
 
場所        : 奈良県産業会館

                    3階  会議室C

                 

  http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=21387



持ち物     :筆記用具

         
 
参加費     :   お気持ち金


お申込みはこちら↓↓↓