我流多事総論

我流多事総論

平凡なリーマンですが、独断と偏見で、政治、経済、社会問題など、思いつくままに自分の考えを書いていきたい。少しでも共感してくれる人がいてくれることを期待しつつ、テレビのコメンテイナー気分でやっている(笑)

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
山本太郎さんが、東京選挙区参議院選挙で当選しました。今回の参議院選挙の候補者は残念ながら、積極的に投票したい人がいなかった。昔から参議院はタレントや知名度が高い人に有利な選挙制度かもしれない。私は脱原発の理想には賛成だが、現実的に、脱原発の工程を具体的に示した人はいないため、総論賛成各論反対だ。なぜなら、おそらく50年あるいは100年の工程が必要だろう。ほんとうの脱原発の完成を見届ける人は、今日生まれた赤ちゃんでも無理だろう。そもそも人間の作ったものに完璧なものはない。限りなく完璧に近づくことは可能だろうが、想定外のことが起こるから事件や事故になるわけで、絶対安全安心なことなどないのだろう。そう考えると原発問題はかなり根深い問題だ。もしかしたら後戻りできない麻薬にはまってしまった状態かもしれない。山本太郎さんが議員になって6年間何をするか、よく注視していきたい。私の結論はやっぱり参議院はいらない。若しくは、参議院を残すのであれば、参議院議員に立候補できる資格があるかどうか、試験し資格制度を導入すべきだ。なぜなら一度当選したら6年間安泰だし、本来の良識の府の役割を機能させるためには、それなりの政治的知識が必要と思う。今回ブッチギリで当選した丸川さんは6年前には自分の選挙権がなかったのに、参議院議員に立候補して見事当選し、また再選されている現実は滑稽だ。





Android携帯からの投稿

テーマ:
久しぶりの更新。もともと面倒な性分なので、サボってしまいました。それにしても、最近のアベノミクスなる安部総理に対して、どうしても納得がいかないため、ブログを書かずにはいられなかった。この人の口癖で~において~という話し方がどうもしっくりこない。確かに景気は気も大事なことは、現実に円や株に反映されているようにも思う。しかし、私の考えは違う。安部総理は運がいいだけだ。多分
野田総理がもう少し、粘ればまた違ったように思う。もはや日本単独で経済がどうなることはあり得ず、そもそも政府がコントロールできないと思っている。たまたまアメリカの経済情勢がシェールガスで上昇していること、EUが低迷していること、また、チャイナリスク等、色々なことが重なった結果に過ぎない。私は今予言します。また安部総理は病気で、ドタキャンします。そうならないよう祈ります。



Android携帯からの投稿

テーマ:
これほど日本外交がピンチなのは、歴史的な事態だ。経済成長と引き換えに、ことなかれ主義の外交のツケかもしれない。昔から北方領土問題は知っていたが、竹島、尖閣問題はもはや深刻な事態といえる。しかも、韓国大統領がいうように、国際社会での日本の立場はかつての影響力はないという指摘は、誠に残念だが的を得ている。原因は政治の混乱だ。もっといえば日本人のやる気低下だ。私もそうだが平和ボケ、上昇思考の低下、現状維持。本当は現状維持するためには、頑張らないといけないのだが、社会の風潮はそうではない。一番の原因は中途半端な国際化と、中途半端な日本人の美徳が、今の日本には存在している。私の自論は国際化とは、まず自国の歴史を十分に認識し、本来の日本の素晴らしい文化を理解すること。外国のマネをすることが、国際化ではない。今後の日本にこれからの成長は期待できない。成熟した日本がどうすれば生き残れるか、世界の歴史や日本の歴史から学ぶべきだ。今こそ、過去の歴史を見直して生かし、生き残れる道を模索すべきだ。今日本の課題は、食料自給率向上、エネルギー自給率向上、防衛力向上。まず自国の足元を固め、その上で世界にものを言うべきだ。