彩りを加える日々を
センポクカンポクHP☞こちらから
CDご購入、ライブスケジュール、チケット予約など詳しくはHPへ。

◎高中彩加個人のお仕事のご依頼はメールでご連絡下さい。
歌、作詞作曲、執筆など私に出来ることであれば。
☞ayaka1220.live@gmail.com


◎情報◎
【センポクカンポク】
2nd mini album「さよならイエスタデイ」発売中&サブスク解禁!
通販はこちらから
  • 15Oct
    • フーガはユーガの画像

      フーガはユーガ

      ようやく読めた。フーガはユーガ。やっぱり伊坂さん好きや〜。ちょっとくさいセリフでも伊坂マジックにかかると途端に輝きを放つから言葉というのは不思議だ。雑魚カードでも使い方によっては最強のカードになるこれだけ見てもどうも思わないかもしれないけど、その前後があるからグッとくる。引き込む力が凄い。だから目が離せなくなる。どんでん返しとか、最後の方は電車の中でハラハラしながら夢中になってた。雑魚カードなんてないんだ。使い方、使われ方で、最強になるんだ。うおおお〜!!!!!(タートルトークのクラッシュ風)楽しく生きたもんがちやな、ほんと。

  • 11Oct
    • 涙に枕〜。完成〜。

      公開しました。涙に枕。涙に枕/センポクカンポク東京都内を中心に活動するポップロックバンド。 瑞々しいポップセンスと胸を締め付けられるようなメロディ、”自分らしく生きたい”と願う人の心の声を言い表したような歌詞が特徴。 そのような歌詞の世界観に対してサウンドはストレートで力強く、ライブではよりその力強さが表現されている。 センポクカンポク Vo.Gt. 高中彩...youtu.be隔週のツイキャス内で、みなさんから歌詞にしたいありがたい言葉をいただき、てんやわんやしながら即興で作った曲です。聞いてみておくれ〜。しんちゃんが今回も撮影隊。多摩川の土手で撮影。鳩がいっぱいいた記憶。▼歌詞 夏のウイスキーの味 一人夜風に吹かれて海を見ていた蚊取り線香の匂いが苦手だって君が言ってた嗚呼、アルバムの中に映ったカブトムシは今はもういない「涙に枕濡らした」意味不明な言葉だった冷や素麺作ったけど氷がないからって涙する君を見てた部屋から見た花火も君との最後の思い出だね少しだけ不思議で君らしい夏の話もっと作りたかったな※赤文字はみんなからのお言葉です(抜けてたらすまん)今年の夏は短かったですね。切ない。夏好きやから。でもワンマンもしたし、思い出深い夏でしたね。これからまだまだ色々構想練ってます。お楽しみに〜〜!!!!ありがとう〜〜。「涙に枕」完

  • 04Oct
    • 涙に枕の撮影の画像

      涙に枕の撮影

      涙に枕のMVの撮影をしんちゃんとしてきました。▼涙に枕とは『涙に枕』2020年8月28日のセンポク隔週キャスでそれは起きた。「(私が失言した「涙に枕」というタイトルで)即興で曲を作ろう」Ba.後藤慎弥の無茶振りである。当たり…ameblo.jp撮影前に土手でご飯を食べてたんだが、鳩の量の多さに驚く。しかも近寄って今にも狙いに来そうな雰囲気。何でも量があまりにも多いと怖いものですね。最近、しんちゃんが良いカメラを買ったそうで、うほうほ言いながら撮影。ワンコーラスなので、あっという間に終了。ようやくもうすぐで公開できそう。(しんちゃんが絶賛編集中)みんなと作った「涙に枕」。お楽しみに〜。

  • 26Sep
    • 油そばを食べましたの画像

      油そばを食べました

      今日も今日とて、あーちゃんの学校の授業の一環でレコーディング。叩く人が違うとほんまにがらっと雰囲気とか変わるなあと改めて思う。ワンマン以来の元メンバー集結。笑今日のことはワンマン前から決まってたのでまあ、こうなりました。いたって平常運行だった。さよいえのレコーディングとか思い出してた。トーキョーワンダーランドの冒頭のセリフで逆再生とか、何か色々やってたなーとか。(私は傍観)全力で遊びながら生きていたいね。明日は(日付変わって今日)は隔週キャス!!なんと久々のストロボサイダーとコラボやで〜。多分ストロボフェス以来なので楽しみやー!20時からね、よろしくどうぞー。▼早くも第二期センポクカンポク集結▼エンジニアさんはほんまに凄いと思う

  • 24Sep
    • 塩麹の唐揚げが食べたかったの画像

      塩麹の唐揚げが食べたかった

      本日はあーちゃんの学校の授業の一環でレコーディングをしてきました。ドラムは久々のいのぽん。3年前はこのメンバーで一時期やっていたので、懐かしさを覚えました。しんちゃんのことも当時は教授って呼んでたしね。やー、楽しかったです。これから色々ミックス諸々されて、どうなっていくのかが楽しみ。制約された時間内の中でいいものを生み出すには日々の訓練が物を言いますね。ってことで気が引き締まります。お尻の穴を閉めろ〜っていわれたのが今日のハイライト。(ここだけ取り上げると何か違和感)明日も引き締めて行こうと思うのでありました。追記:学校近くの美味しそうな定食屋さん(塩麹の唐揚げが売り)が満員で入れなかったのでリベンジしたいです▼並べるとより様になる。中村さんかわいい。▼久々のいのぽんとお馴染みあーちゃんと

  • 23Sep
    • 終わりなき旅の画像

      終わりなき旅

      と言ったらかっこよく聞こえるだろうが、ただ、終わらない。完全に沼にはまっている。が、寝る。そんな時こそ寝る。まだまだ涙に枕の制作は続くのです。。とりあえず近々、歌詞を公開します。久しぶりにピザを食べた。どうせ3枚くらいしか食べられないのだけどやっぱり出来立てのピザを目の当たりにするとわくわくする。温かいうちが一番美味しいという制限がより己の興奮を高めるのだろうか。とにかく、美味しかった。。

  • 21Sep
    • 涙に枕

      2020年8月28日のセンポク隔週キャスでそれは起きた。「(私が失言した「涙に枕」というタイトルで)即興で曲を作ろう」Ba.後藤慎弥の無茶振りである。当たり前だが、何の打ち合わせもない。とりあえずみんなからのコメントで歌詞に入れてほしい単語を募集してこんな結果になった。(ありがとう、愛を込めて) ・ウイスキー ・蚊取り線香 ・アルバム ・カブトムシ ・海 ・夜風 ・花火 ・冷や素麺作ったけど氷がなくて〜なみだ〜・・・・諸君、お分りいただけただろうか?最後はもはや文章である。(激むず)うだうだ言ってたら、デッドラインの23時まであと約15分しかない。で、配信を見られた方ならわかると思うが、とりあえず無理やりワンコーラスは作った。ただ、そこで悲劇は終わらなかった。なんと、この「涙に枕」のMVを作るらしい。(硬直)というのが先月末の出来事。そろそろ1ヶ月経ちそうで、忘れてる人も多いと思うので進捗を。当初より少し歌詞やメロを変えて宅録。そして、色々シンセとか遊びながら盛り込んでしんちゃんに送ったら「弾き語りがいい」と突っぱねられたので、また録りなおしています。つらい。つらいので、ここで吐かせていただく。まさに涙に枕の現象。。。。もうすぐで録り終わる。。。。でもここから色々調整があるから大変。。。涙に枕の制作は続く。。

  • 16Aug
    • 「雨上がりのメロディ」ワンマンしなくちゃ気が済まない!※セトリ有注意!の画像

      「雨上がりのメロディ」ワンマンしなくちゃ気が済まない!※セトリ有注意!

      昨日はGt.のあーちゃんとDr.の太一くんがセンポクカンポクのメンバーとして最後のライブでした。赤坂TENJIKUに来てくださった方も、配信チケットを買って見てくれた方も、本当にどうもありがとうございました!!!!!あーちゃんとは結成の時から約5年。太一くんとはしんちゃんと一緒に加入して約3年。色々あったけど、振り返ればあっという間。この4人でやったミスタールーカスは個人的に痺れた〜〜〜。スタジオの時よりバチッとはまった感じがあって、約3年間の阿吽の呼吸というか、4人が調和した感じがあったんだよね。(帰りの車で他のメンバーも思ってたそうな)久々のライブで震えるかと思ったけど、この3人が支えてくれるなら大丈夫だって思って。ずっと楽しかったな。ワンマンって楽しいなぁ。またやりたくなっちゃうね。バンドはやっぱりいいなぁ。みなさんのおかげで生きている感じがしました。頑張ろう。楽しくやっていこう。▼セットリスト

  • 21Jun
    • だからどうした

      リハビリ気分でブログを書く。何を書こうか考えている間にピーピーという機械音。ご飯が炊けた。たいして書く内容もないが、文章を書きたい気持ちはある。気持ちはあるんだ。私の心の中の修造(敬称略)が叫んでいる。書きたいなら書くんだ!できる!やれる!と思う隙すら現実はない。私はもうご飯が炊けたことに思考がいってしまっている。これから食べる晩御飯のメニューを考えている。修造(敬称略)の声が遠くなる。でも晩御飯を作る自分を想像するとちょっと疲れる。だから、そういう時はその先にいるご飯を食べてる自分を想像する。お腹が満たされる感覚。満腹感と夢うつつの間で浮遊感を味わう。その頃には私の中の修造(敬称略)も一緒にうとうとしている。生活だ。日常だ。一つの行動がつなぎ合わさって生活になる。生活を繰り返す。日常が顔を出す。だから何だ。ご飯が炊けたのだ。お腹が空いたと気づいた頃には、私の中の修造(敬称略)は姿を消していた。

  • 28Apr
    • それを「夢中」と人は呼ぶ。

      さよならイエスタデイの第1次予約の発送が完了したとのこと。みんなの手もとにCDが届く。みんながそのCDを聴いてくれる。とても嬉しいし、幸せなことだと思う。だけど、とてもドキドキする。感情が忙しない。我が子を送り出す気持ちというのがあるならば、こんな感じだろうか。みんなの「夢中」になれたらいいね。↓第2次予約発売中センポクカンポクのBASE↓さよならイエスタデイ視聴用トレーラー

  • 20Mar
    • 夢中感

      最近、朝井リョウの世にも奇妙な君物語を読んだ。朝井リョウさんが書く文は凄い読みやすいし、テンポ感も丁度良くて、誰にでもおすすめ出来る。現にヒット作も多いし、映画化されてる作品も多い。本屋の文庫コーナーの平積みにされていて、ああ、そういえばこれ読みたかったやつだと思い出した。朝井リョウ盤、世にも奇妙な物語だ。これがむっちゃくちゃ面白かった。基本的に電車の移動時間で読むことが多いのだが、あまりに完璧なオチというか、「そう来るかー!」みたいに思わず電車でにやけが止まらなくなったり、いいタイミングで乗り換えしなきゃいけなかったり(うずうずしてる)。この感覚久しぶりだなー、と思い出した。音楽でもゲームでも何でも、この夢中な感じが良いよなあと思う。人が入る隙間もない自分だけの世界。世にも奇妙な物語が好きな人にはおすすめです。

  • 15Mar
    • 映画が見たい

      何か久々の投稿だなと思ったら去年の10月が最終更新だった。OH.....最近U-NEXTに入り、色々映画を漁っている。ビデオレンタルしてた頃から宅配レンタルに代わり、そして今やネット。ああ、便利な世の中だなと思う。ありがたい。今まで見ようと思ってもなかなか機会がなく(というか作らなかったという方が適切か?)、後まわしにしていたものも結構あって。それが定額で見放題って最高やないか。(もちろん一部有料はあるけど)あのシーンのあの部分だけ見たいというマニアックなことも対応出来るし、映画だけでなくお笑いのジャンルも充実してるのが嬉しい。(大好きなバカリと東京03が豊富、強いて言うならバナナマンもっと欲しいです・・笑)何が言いたいか。みなさんの最高に大好きな映画が知りたいわけです。誰かの心に触れた作品が、どうしてその人に響いたのだろうと、そこの間を行き来すると、その人の人柄が見えて来たりする。自分と真逆の考え方であればあるほど新しい発見がある。本屋とか、CD屋さんでもそうだけど、ずらーっと並ぶ作品を見るたびに、ああ、自分が生きてるうちに読めたり聞いたり見たりするのは、このほんの一部なんだよなぁと虚しくなる瞬間がある。それが分かってるからこそ一つ一つが愛おしい。生きているうちに出来るだけたくさんのことを吸収したいなと思うわけです。そしてそれを音楽として還元したいわけです。あら、意外と真面目な内容になったわ。またねー。

  • 23Oct
    • 愛着のあるスタンプの画像

      愛着のあるスタンプ

      突然だが、私はLINEのスタンプのバリエーションが少ない。というより、そもそもLINEスタンプを買ったことがない。私とよくLINEする人は分かるかと思うが、基本的に犬か熊。熊はもともと入っているやつだし、あ、熊じゃなくてブラウンか。犬は何かの何かで無料で何かしたやつ。(忘却)兎にも角にも、どんなに可愛い犬のスタンプがあったとしても、スタンプ購入までは踏み切れない。(本当に心動いた瞬間は何度かあったが)そんな時に出会った動く熊。名前はまだない。(夏目漱石風)いや、あるのかも知れない。知らないだけだ。ここ最近はそればっか愛用していた。もはやそのスタンプで会話するレベルまで行くこともあった。めっちゃ便利やし、かわいいやん・・・。目が笑ってない熊だが、ひたすらに動く姿が憎めないし、その健気さが可愛い。私の代名詞でもあるスタンプが、ついに今日。使えなくなってしまった。理由は簡単。無料期間が終了したからだ。ちーん「ありがとう」とこの目が笑わない顔で送りたかった。届かぬ5つ文字。いや、もはや文字でもない。虚しく表示される「スタンプの有効期間が終了しました」の一言。何度も何度も「再送する」マークをポチるが、無駄である。押せば押すだけ無駄である。いままでこいつと過ごした数ヶ月。こいつと共にあったスタンプ生活が、一気に走馬灯のように蘇る。自分が思うよりも全力で頭をペコペコして最大限の「ありがとう」を伝える仕草。茶色いドアなのか窓なのか分らない扉から全力の「おはよう」。エド・はるみ並みのグーの連続は懐かしさまでも覚える。供養する気持ちで丁寧に押した「削除する」という文字。「ありがとう」という残ったスタンプが彼の最後のセリフかのように残り続けている。「こちらこそありがとうよ」という気持ちでスタンプも削除した。ということは全くない。でも愛着のあったスタンプが使えなくなる悲しみくらいは持っている。またどこかで会おう。動く熊よ。(買わないのかい)使えるものは使うが、無ければないで過ごせる。それが私のスタンプ購入に至らない理由であると思う。

  • 21Oct
    • 仮装

      街が賑やかだ。近所の商店街。仮装したちびっこ〜大人まで、狭い道路一面に人が溢れかえっていて、お菓子を手にしながら今か今かとイベントのスタートを待ちわびているようだった。その中で私の目を惹くチュッパチャップスの仮装。周りはゾンビやかぼちゃなど、オレンジ・黒・紫が服の色を染める中、でっかいカラフルな包み紙の頭と全身白タイツ。歩くチュッパチャップス。なんというシュールさ。なぜ、数ある仮装からチュッパチャップス。なぜ、数あるお菓子の中からチュッパチャップス。(いや、チュッパチャップスは悪くない)ハロウィンといえば、キャンディ。キャンディといえば・・よし!チュッパチャップスになろう!という単純な動機か。それともチュッパチャップスの無駄が一切ない、まさにシンプルイズベストの代名詞であるあのシルエットの魅力ゆえか。色んな疑問が私の頭の中で高速に横切り、そして渋滞する。でも、結局のところ分からないし、特に意味はないのだろうと思い直す。頭重いだろうけど、頑張れ、チュッパチャップス。と心の中でエールを送りながら通り過ぎた。毎年仮装したいしたいと言いながら終わるハロウィン。いつも見る専。いいね。ワクワクする。今年も誰かが色々企んでるに違いない。

  • 18Oct
    • 書く、描く。の画像

      書く、描く。

      2019年10月。急に肌寒くなりましたね。となると今年もあと2ヶ月って思うとさらに震えるし、それでも金木犀の香りは心に優しい。最近は専ら歌詞を書いては消して書いては消してを繰り返したり、新曲制作で、ちょっと今までにはない歌詞の作り方だったりするのでかなり苦戦。気づいたら軽く2、3時間は過ぎてたりする。永遠に終わらないんじゃないかって不安にもなる。そんな感じです。レコーディングもしてたり、制作したり、ライブしたり。なかなか上手くいかないこともあってもどかしいけど、ちゃんとここにいます。なんか、肌寒くなるとQuestionが聴きたくなるんですよね。音楽は思い出と共に残りますからね。不思議ね。あ、ちなみにQuestionは募金制のデモ音源になってて、価格が決まってないんですよ。放っといてって言ってもでも構ってほしいな大丈夫って言っても本当はそうじゃないって殆どの女の子はこう思っていると思うよ。なんて難しいんだろう。笑また書きます。適当に。

  • 28Jul
    • 誰かの生活の画像

      誰かの生活

      前回の華の乱への記事から約2ヶ月ほど経ってしまった。書きたいときに書く。やりたいときにやる。それでいいのだ。無理しない程度がちょうどいい。何でもそうだね。先月、友人の結婚式に行った。高校の頃からの知り合いで、久々に会うのが花嫁姿。ああ、時は確実に経過しているなと思いながらも、幸福感に包まれていたら、披露宴で新郎新婦入場の時、何か耳馴染みのあるイントロが流れた。ん、、、、、、!?そう、それはセンポクカンポクのトーキョーワンダーランドだった。あまりにも不意打ちすぎてびっくり。自分らの曲がまさか披露宴の入場シーンでかかるとは思ってなかった。その後、ケーキ入刀や、ビデオレターのBGMとかでQuestionやスターライトも流れたりした。感慨深かった。誰かの結婚式で(個人の弾き語りはあったけど)センポクの曲が流れたことはなかったから、素直に嬉しかった。小さい時からずっと憧れだった。自分の知らないところで自分の曲が流れること。自分の知らないところで自分の曲を誰かが聴いてること。当たり前なことかもしれんけどね。小さい頃、自分は今好きなアーティストの曲聴いてるけど、アーティストには自分が今聴いてること知らないんだよなぁ。何かずるいなぁ。って思ってたんだよ。何が言いたいかというと、とても嬉しかったって話。色々な場所、色々な場面で使ってやって下さい。違和感なく誰かの生活の中に馴染んでいたらいいなと思う。

  • 27May
    • 今年も華の乱に出ます。なんて普通のタイトルに飽き飽きしている。の画像

      今年も華の乱に出ます。なんて普通のタイトルに飽き飽きしている。

      実に久しぶりの投稿。前回の記事では東名阪ツアーが始まっていなかった。何かとても昔のような気さえする。5月のGWから全然最近ライブがなくて、もうバンドのこと忘れてるんちゃうかなとか思ってしまったりする。それくらいなんかそわそわするし、早くライブがしたいし、歌いたくてしょうがない。みんなは音楽ってCD派なのか。それとも配信派なのか。配信なら何を使っているのだろう。センポクがもっとたくさんの人に聴いてもらえるように。もうずっとそんなことばかり考えている。今年の華の乱。タイテも発表された。19:45から下北MOSAiC。出会って欲しい。色々迷って欲しい。それから選んで欲しい。全力で音楽しよう。我々はステージで待ってる。

  • 03Feb
    • オイルと蓋と私の画像

      オイルと蓋と私

      カステリーノのグリルドミックスベジタブル、というのが美味しい。これ↓マッシュルーム、パプリカ、たまねぎ、アーティチョークをグリルした野菜がオイル漬けになっている。「グリル野菜油漬け」って裏のラベルには表記されている。(カタカナにすると一気にオシャレになるね)これが、味付けが絶妙で。そのまま食べてもいいし、おつまみとかに最高。だけど、毎回苦労することがある。それは一番最初に蓋をあけること。瓶の蓋開かない問題、結構私あるあるなのだけど、これはさらに開かない。いつもは隣に誰かいてくれたら、パスするのやけれど、今回は一人だ。誰もいない。戦闘要員が私一人。早く食べたい気持ちと、手のひらがだんだん痛くなって諦めそうになる気持ちのせめぎ合いだ。味を知っているからこそ、もどかしい。オイルに浸かっているマッシュルームに思いを馳せ、「あああ、食べたいぃ〜〜〜〜」と悶え始める。しかし蓋はうんともすんとも言わない。なんなら「あぁん?食べたいかぇ?お前ごときに私を開封することはできるのか?」という挑発的な意思さえ感じ始める。「う”ぬ”ぅぅぅぅぅ〜〜〜〜〜〜(悶絶)」と言葉にならない音を発し、狂い始める私。たんだん赤く染まっていく手のひら。全体重乗せながら開けようとするも、開かない。「ふんっ!」と意気込み、蓋を開けようと必死になり、呼吸をするのも忘れる。それでもビクともしない。硬い。まるで岩。まるでモアイ。(触ったことはない)諦めた。私の力では到底無理だ。惨敗だ。蓋が私を見て笑っている。いいさ、笑いたきゃ笑え。コンロに近寄り、火に蓋を近づけた。強力な助っ人だった。「パカッ!」すぐに開いた。何だその文字に書いたようなシンプルな音は。さっきの戦いは何だったんだ。蓋との戦。蓋の乱〜2019winter〜。まぁいい。まぁいいやと思うほどに中身は最高。美味。お世話になりますよ、これからも。来週というか今週末は初めての熊谷。夏一番暑いところというけれど。どんなところなんやろうか。めっちゃ楽しみ。東名阪ツアーも来月って早くない?

  • 13Jan
    • 2、0、1、9、の数字の画像

      2、0、1、9、の数字

      2019年明けました。今年も一年よろしくお願いします。大晦日はライブで、年始は実家でゆっくりしました。ひたすら録画してたお笑い番組見てたなぁ。今は空いてる時にじわりじわりとマジ歌見てます。今年も初詣はメンバーと。初の明治神宮へ。その後メンバーで飲んだ。楽しかった。今年は東名阪ツアーも決まってるし、やりたいこともたくさんあるので、ガンガン行こうと思います。いつも見てくれてありがとう。カエルの時代だぞ。常にワクワクしていたいね。もうすぐ一発目のライブ。楽しみやん。

  • 27Nov
    • 見渡す限りの純白の画像

      見渡す限りの純白

      帰宅途中、晩ご飯のメニューを考えながら歩く。スーパーへ寄ると豆腐が賞味期限間近で安かった。よし、麻婆豆腐にしよう。即決だった。そして、麻婆豆腐を作り、無意識でお味噌汁も選んだ。よくある即席の味噌汁。長ネギ、油揚げ、わかめと色々種類はあるが、チョイスされたのは、そう、豆腐の味噌汁。無意識だった。勝手に手が動いた。食べている途中で気づいた。あれ、麻婆豆腐食べてるのに、何で豆腐の味噌汁選んだんやろ。めっちゃ豆腐欲してるやん。ここはまだ自宅だったからいいものの、出先でこのチョイスをしてしまった日には、「何こいつ、麻婆豆腐に豆腐の味噌汁かよ!どんなだけ豆腐豆腐してるねん!冷奴もあればコンプリートするやん!」とか思われるかもしれない。ああ、恥ずかしい、、、。恥ずかしすぎて、豆腐を体で覆いたくなるだろう。それか、もし魔法かマジックが使えたら、せめて、味噌汁の豆腐の方だけでいいから、消してしまいたくなるだろう。残念なことに私に魔法というものは持ち合わせていないし、マジックとも無縁の人生だ。仕方ない、食べるしかない。食べなきゃ、豆腐は消えないのだ。四角い艶やかな純白の個体が、私の視界に殴り込んでくる。辛い。見渡す限り豆腐だらけ。もう私の目には豆腐しか見えない。何なら白米さえ豆腐に見える始末。食べた。ひたすら豆腐を食べた。柔らかな優しい食感が、先程の私を宥めるように体に溶けこむ。ああ、おいしー。溢れる一言。一つずつ、さながらぷよぷよのように、豆腐を潰していった。誤解を恐れずにいうと、豆腐は大好きです。でも、暫く豆腐はいいです。忘れた頃にまた君を選ぶとしよう。ここが自宅で良かった。ただ、それだけだ。今週の気になった写真。ちょっと調子の良い宣伝。よ!