マウスコンピューター/ノートモデル
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2008-11-30 08:59:23

オリジナルへのこだわり

テーマ:ビートルズとおんがく話

最近またギターが欲しくなって色々とチェック。
とは言っても、即購入かと言われれば悩むところ。今新しいギターを買いでもしたら家族から

激しい攻撃にあうのは確実。JVストラトを購入して以来20年以上ギターを買っていないので

許してもらえるかな。(笑)


何も考えず希望だけ言えば、レスポールあたりか。
できればギブソン製のカスタムあたりですかね。と言っても、やはりギブソンはかなり高価。

中古で買っても20万円近くするわけですよ。そうなると、国産のコピーモデルと言うことになる

わけですが、こちらは正直あまり気が進まない。
大昔、トーカイのLS-80を新品で購入し使っていましたが、当時の同級生に売却。
今はどうなっているのか。トーカイのLS-80と言ったら今や大人気のモデルでオークションでも

10万円以上で取引されている。思い出せば、たしかに作りは良かった。
ラッカーフィニッシュだったので、ボディの端がいい感じで剥げていましたよ。
実にもったいないことをしたものですが、その友人とは20年以上音信不通なので、取り戻そう

にも取り戻せない。(笑)
オービル製と言う選択もありかな。でも中古のオービルに10万円出すのなら、もう少しお金を

足せばギブソンが買えるしとか、色々と考えるわけですね。


もうひとの選択は、国産オリジナルモデルの購入。
現在所有しているヤマハSA2000Sを購入した理由はオリジナルモデルだったから。
生意気にも、若い頃から安価のコピーモデルには少々抵抗があった。

今でも基本的な考えは変わりませんけどね。(笑)
そう考えると候補に挙がってくるのは、ヤマハのSG、アリアのPE、アイバニーズのARシリーズ

あたりかな。条件的にはハムバッキング搭載の22フレットで日本製と言うことになる。

アイバニーズのARシリーズは中古市場でも取引価格がやたらと高い。
人気があるので仕方無いのしょうけどね。

国産オリジナルモデルなら、1980年代製でトップグレードに近い物に限れば品質的にまったく

問題はないはず。


ロベン・フォードが教則DVDの中で使っている、1957製レスポール・ゴールドトップの音を聴

いてノックアウト。フロントピックアップから出てくる甘く、深いサウンド。ソリッドギターで弾く

ジャージーなブルースギターは最高ですね。
そういう意味からすると、無理をしてでもレスポールか?(笑)
リサイクルショップで中古のレスポール・スタンダードが15万円くらいで売っていたことを思い

出した。高価な楽器だけに少々不安はありますが、見るだけ見てくるか。(笑)

ジャパンヴィンテージ [コレクション] vol.7 ヤマハの弐
Amazon.co.jp

ランキング参戦中です。宜しくお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008-11-29 11:19:54

相手を見てモノを言え

テーマ:システムエンジニア

会社の同僚とお客様へご挨拶に行った。
その同僚は、ふざけてばかりで場の空気が読めない。ましてや、お客様の立場など

考えるわけも無い。(笑)


嫌な予感はしていました。
まさかあの一言で、場の空気が一変するとは思っても見なかった。なぜ同僚はあの

場面で、あんなことを言ったのかが分からない。お客は管理をやっている方なので

現場の細かな実務は分からない。
ご挨拶なので、簡単にお礼を伝えればそれで終わりのはずだった。

挨拶も終り、シャンシャンで帰れるところを、その同僚は、細かな実作業の話をし始めた。

こちらは、顔から火が出ます。少なくても、この場で言い出すような話しではない。

同僚は、気を利かせた積もりだったようですが、そんなものヤブヘビ。蛇足です。

完璧にアウト。言っちまったよ。(笑)


客の性格を考えれば、明らかに余計なことを言っているわけです。
その余計な一言が、客を怒らせた。
今までニコニコしていたお客の動きが止まり、見る見る表情がこわばる。
「私にそのような話をされても、困る。」

たしかに私が聞いていても、明らかに話す相手が違う。
同僚としては点数稼ぎの積もりで言ったのでしょうけど、完璧に話す相手を間違えている。

相手の立場を無視した、無差別口撃ですね。(笑)


その客は、普段から役割分担や責任と言ったものについて細かく口に出し社員達を

指導している。周りの協力会社の人間だって、そのことで怒られている社員たちを何度

も見ている。同僚もしかりで、見ているはず。なぜ、学習しないのだろうか。
きっと普段から、周りの状況など見ていないし、人の話も聞いていないのでしょう。

だから、大きなお世話の相手を間違えた話をしてしまう結果になるのですよ。(笑)


その同僚は昔ながらの技術者と言う感じで、自分の仕事だけは異常にきっちりこなす。

でも、お客と接すると言ったようなビジネススキルは、ほとんど持ち合わせていない。

ヘラヘラ楽しくプログラムを組んでいるような、キャリアと年齢ではないことに、いつになったら

気付くのだろう。
こちらは、彼がお客と話すたびにドキドキですよ。

何を言い出すか分からないので、かなり心臓に悪い。(笑)


少なくても、ビジネススキルと言ったような自己啓発は会社から教えてもらうことではない。

仮に社内で教育があったとしても、それはきっかけにしか過ぎないし、勉強するのは自分自身

であると言うことを忘れてはいけない。
その手の人間は、「会社から教育を受けていないから、分からない」などと言っていることが多い。

そもそも、勘違いしているのでしょう。会社は学校ではない。(笑)


ランキング参戦中です。宜しくお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-11-28 22:48:18

仕組みを作った者の勝ち

テーマ:システムエンジニア
結局「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness)/荒濱 一
Amazon.co.jp

先日書店で見つけた、「結局「仕組み」を作った人が勝っている」と言うタイトルの書籍。

売れているようですね。個人的に前々から考えていたことが書かれています。

仕組みの中に自分が入り込めれば勝ちということです。


以前興味本位で、アフィリエイトに取り組んだことがありますが、成果はパッとしなかった。

月平均1万円行きませんでしたね。もちろん報酬額です。
自作のホームページに広告や製品レビューを載せ紹介していたのですが、費やす労力

のわりには、報酬が低い。しかも報酬は頭打ち。
2年半ほどやりましたが、徐々にホームページの更新頻度も減っていった。
ありがちなパターンですね。(笑)


今流行りのFX(外国為替)には手を出す気はないし。

元手が確保出来ないことも大きい。(笑)何か収入を得る仕組みを考えて、実践するしか

ないのでしょうね。
数年前、知人が仕組みを考えろと言っていたことを思い出します。

このまま、今の会社にいても、先は知れている。
大ボスの大変さも見ているし。(笑)しかも年収だって、そんなに高いわけではない。


当社の場合は、社員の等級により給与の幅が決まります。
社員にも公表されているので、等級さえ分かれば大体の年収は分かるわけですよ。
それを考えると、もし万が一数年後に大ボスと同じ等級になったとしても、給与など知れて

いる。もう、先が見えてしまっているわけですよ。

そうなってしまうと、モチベーションは下がるだけ。となると、何か新しい仕組みを考え、

そこから収入を得ることを考えた方が賢そう。思いつけばの話ですけど。
幸いなことに、ホームページやネットの知識は持ち合わせているし。(笑)


たぶんヒントは転がっているはず。
気付くか気付かないか、行動できるか出来ないかが、数年後の自分を大きく変える

ポイントでしょうね。見つけた書籍は、意識の確認の意味で読んでいます。
手に取った瞬間、読みたいと思った書籍は久しぶりで、今週末には読み終わってしまう

勢い。たぶん、繰り返し読むことになるでしょう。(笑)


ランキング参戦中です。宜しくお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-11-27 21:02:02

あの野次馬何とかしろよ

テーマ:システムエンジニア

まったく、会社の先輩には参ってしまう。
何でもかんでも先延ばしにして、すぐにやらない。結局、ギリギリになって始めるので

間違いは多いし、下手をすれば忘れてしまいやっていない。
これって何なのだろうか?何故すぐにやらない?こちらはストレスが溜まる一方ですよ。

この歳になって先輩のお守りをすることになるとは、夢にも思わなかった。(笑)


お客様に提出する書類だって作る作ると言い続け、出来上がったのがつい先日。
それをお客様に提出したものの、不備で差し戻し。どーなってるのだ?いったい。
さっぱりダメですね、自立していないと言うか。

お客様に書類を提出しに行こうとすると、「俺も、行こうかな」が始まる。
何なんだアナタは。

さすがに「○○さんが行くなら、私は行きませんよ。2人で行ってもしょうがない。」

と言い放った。そうです、あの№2オヤジですよ。単なる野次馬。(笑)


本当に行動がチグハグで、まったく何も考えていない。
それで大ボスの前に出ると、しっかり者のフリをしますからね。本当に腹立たしい。

自分より上の者が見ていないとなれば、手を抜きっぱなしなのに。(笑)
そこまでやるか、と言いたくなるくらいに何もしない。


頼んだことも忘れてやってないので、こちらの仕事が増えてしまう。。
結局、どこまでやったかを調べて、しりぬぐいをするのは私。自分でやっていれば

すぐに終わっていることなのですけどね。こちらも意地で先輩にやらせてしまう。
そもそも、それが間違いの元か?
だからと言って、初めから私がやってしまったのでは先輩の思うつぼ。(笑)
それもまた、頭に来る。(笑)


まあ、その先輩とも年内くらいでお別れ。ヤレヤレです。
早いとこ、違うところに行ってくれ。すっかりペースを乱され、疲れが倍増ですよ。

どーにかならないのか?あの野次馬。(笑)


ランキング参戦中です。宜しくお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへ

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-11-26 23:24:24

おんがく話しで盛り上がる

テーマ:ビートルズとおんがく話

会社の後輩と、おんがく話しに花が咲いた。(笑)
久しぶりで会った後輩から、最近の音楽活動をチェックされた。
社内で音楽の話が出来る同僚はほとんどいないので、その後輩が唯一の音楽仲間と

言っても良いでしょう。


私がギターを弾いていることは、社内的にほとんど知られていないので、普段音楽や

ギターのことなど話すことはまったく無い。でもその後輩とは話す。
年齢的には40歳くらいでしょうか。歳が近いこともあり、結構盛り上がりますね。(笑)

話しているうちに、つい調子に乗り宅録でギターを録っていることを話してしまった。

と言うことは、聞かせてくださいと言うことになるわけですよ。
まあ、社交辞令ですけどね。そう言われて、聞かせないわけには行かない。

今度の週末に何か録音しようか。(笑)とは言っても、何を録ろうか。

以前録っておいたドラムパターンに、リズムギターを乗せてソロでも弾いて見ようか。


いやいや、リッチーでも弾いてやろうか。何かオリジナルのブルースでも弾こうか。
んー、こんなことで悩むとは思わなかったな。でも好きなので、それも良いでしょう。

聴いたからには、スタジオに付き合えと強気で出られるかもしれないし。

その後輩はベースを弾くので、ちょうど良い。いっそ、ベースを弾かせて録音してしま

おうか。(笑)


また昔のようにギターを弾いている今、発表の場が欲しいのは確か。
ここはひとつ、その後輩のツテを頼りにセッションでも企てようか。ただ指向がちょっと

違うからな。80年代以降のハードロックのことを熱く語られても、私はトンとわからない。

ビートルズに始まり、ツェッペリン、パープルあたりは聞きましたが、それ以上は聴いて

いない。クイーン、トト、ボストン、イーグルス、ヴァン・へイレン、ジャーニーなどポップ

な要素を持っているロックなら聴いてましたけど。
それ以外は、AORやフュージョンが中心でしたから。(笑)
今度本気でスタジオ借りてやってみたいですね。家でばかり弾いていると、違う意味で

ストレスが溜まりますね。(笑)


ランキング参戦中です。宜しくお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへ

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-11-25 22:08:35

バチカン、レノン発言許す

テーマ:ビートルズとおんがく話

1966年ジョン・レノンが「自分たちはキリストより有名である。」と発言、その後ビートルズ関連

商品の不買運動などにつながる大騒動に発展。その問題発言をバチカン(ローマ法王庁)が

許したと報じられているようです。


当時ビートルズが行った釈明?会見の映像を見ると、ジョン・レノンが申し訳無さそうな表情

で、発言が真意ではないとしきりに弁明。

ポール・マッカートニーも神妙な面持ちで同席、落ち着かない様子。

ジョン・レノン発言の一部だけを使った、中途半端な報道がことの発端だったようですね。


特にアメリカ南部におけるボイコット運動は凄まじかったようで、コンサート活動の停止にも

影響したと言われてますね。1966年当時、彼らはそこまで影響力があったということでしょう。

メンバー達への脅迫はもちろん、殺害予告まで出ていたと言うのだから凄い話ではあったよう

です。クー・クラックス・クラン(KKK)の団員まで出動したと言うことなので、衝撃は並じゃない。

アメリカを敵に回してしまったような感じだったのでしょうね、きっと。


ビートルズ・ボイコット
【↑画像】 ボイコット運動 

       焼かれるビートルズ関連商品


1966年は彼らにとって大きなターニングポイントだったのかも知れません。
武道館公演を行い、フィリピン公演では一悶着、ゴシップ発覚を恐れ、デビュー後はまったく

近づかなかったドイツでもコンサートを行ったし。

本人達には、何となく最後のワールドツアーになりそうな予感はあったのかもしれませんね。
「彼らは、コンサート活動を停止してからの方が面白くなった。」
と言う意見も多数あると思いますが、個人的にはどの時期でも関係ありませんね。
どの時期も、万遍なく聴いてます。(笑)


話を戻して、42年かかりましたが許してもらえたのは良いことでしょう。(笑)


ランキング参戦中です。宜しくお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへ

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-11-24 09:11:48

イエロー・サブマリン

テーマ:ビートルズとおんがく話
イエロー・サブマリン/ザ・ビートルズ / ジョージ・マーティン・オーケストラ
Amazon.co.jp

結局買いました、金沢明子のイエロー・サブマリン音頭では無い。(笑)
いつも行っているリサイクルショップで1987年国内初回発売当時そのままのミント状態で

売られていたイエロー・サブマリン。3200円の赤帯付で、ほとんど新品と言っても良いでしょう。

ライナーはもちろん、CDにもキズひとつ無い。触った痕跡すらない。(笑)

これで半額。今まであちこちのショップで見て来ましたが、ここまで完璧に鮮度を保っている

のは稀ですね。まともに買えば、最低でも当時の定価を下回ることは無い。


さっそく聴いてみると、さすがにサウンド、演奏ともに素晴らしい。
ただし、収録されている曲自体は前半6曲のみがビートルズのもの。残りは映画で使われた

挿入曲でジョージ・マーティンの持分。
ビートルズの曲に関しては、すでに発表された曲も含んでいるので、実質4曲だけがおにゅう。

と言うことでお買い得感のあまりない、マニアの物欲を満たすためのアルバムとなっている。

いやいや、そうではない。(笑)


このアルバムにしか収録されていない、ヘイ・ブルドッグとイッツ・オール・ツゥ・マッチを聴く

ためだけでも、買う価値はある。サウンド的にはマジカル・ミステリー・ツアーと同等なので

抜群と言うことになる。特にポールが奏でるリッケンバッカーがズシンと響く。
当時のポールは滑らかなフィンガリングでグリスやオクターブ、はたまたハイポジションによる

素早いフレーズとギタリストも真っ青になるような演奏を、ミストーンひとつなしで披露している。

ジョージ・マーティンに言わせれば、ポールの演奏はボイシングを含め完璧と言うことになる。

ポールの頭には理屈なしで、コードの構成音がしっかりと入っているのでしょう。
ジョージ・マーティンにそこまで言わせたポールでも、後年ミストーンについて白状してます

けど。(笑)


ヘイ・ブルドッグは、ジョンの作品。
どうもジョンはせっかちだったようで、レコーディングにかける時間が短い。
当時のエンジニア達は、ジョンのボーカルを録音することに対してはかなり神経を使ったと

証言してるようです。録り直しがきかない、ジョンは何度も歌ってくれないと言うことだったよう

です。それであの突き抜けるような、抜群の歌唱力。やはり凄い。
ポールが担当したリードギターも曲を盛り上げている。ポールの手にかかると、音のイメージ

がそのままフレーズとして出てくる。歪み方はショボイですけど。(笑)
和音を巧みに使った曲に良くマッチするコンパクトなソロで、これ以外は無いでしょう。(笑)


イッツ・オール・ツゥ・マッチは、モンスターサウンドです。
ジョージ・ハリスンの曲は硬派で好きですね。ビートルズの曲の中でもこれほど重厚なサウンド

は少ない。インド音楽からの影響がフレーズの随所に見られますね。
でも実はポップです。ホーンまで登場するので、音数はかなり豊富ですけど。(笑)

ギターサウンドはファズサウンドとでも言いますか。しぼり出すような、うねるような音色。

一方ベースはひたすらルートを刻むような、こちらもインドを連想させる演奏。

と言うことで、やはりビートルズの作品に駄作は無いのです。
ジョージ・マーティン・オーケストラによる挿入曲も、悪くないですよ。(笑)


ランキング参戦中です。宜しくお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへ

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-11-23 09:17:40

サニー・ランドレス

テーマ:ビートルズとおんがく話
フロム・ザ・リーチ/サニー・ランドレス
Amazon.co.jp

行きつけのCDショップで見かけ、とても気になっていたサニー・ランドレスのアルバム。

はっきり言って彼のことは知りませんでしたが、CD紹介のビラにミュージシャンズミュージシャン

云々と言う内容が熱く書かれていた。(笑)
何やらクラプトンやマーク・ノップラー、果てはロベン・フォードまでが絶賛していると言うことで、

ますます気になる。しかも、CDのジャケットもかなり渋い。
ストラトを抱え、いかにもと言う感じ。(笑)


色々と調べると、スライドギターの名手であることが分かった。
スライドギターに関しては、デュアン・オールマンをほんの少し聴いた程度なので造詣は浅い。(笑)

しかもアメリカ南部出身と言うことなので、かなり濃さそうな予感。でもエリック・ジョンソンは南部

出身であのスマートさだからな。出は当てにならないか。(笑)

と言うことで、ネットで動画をチェック。
正直、ぶっ飛んでしまった。目が点ですね、点。言葉にならないくらいの衝撃。
一見垢抜けないギターオヤジ(失礼)なのに、ストラトから出てくるあのサウンドは何だ、

彼は一体どうなっているんだ?エディがライトハンドを引っさげて登場した時のような衝撃ですね。
しかもサムピックと言うのですか?親指に装着して使うやつで、完璧にギターをコントロール

しているではないか。もー、ビックリです。ライブ映像だったので、サウンドもど迫力。


そして、楽曲がとても良い。ありがちなどブルースとは違いポップな面も持っている。

しかも歌が上手い。ジュリアン・レノンのような感じで、バリバリ歌う。ロベンやカールトンには悪い

のですが、歌については比じゃない。プロがこぞって認めるわけです。

ゲストとしてさまざまなアーティストのレコーディングに引っ張りだこと言うことも分かる。
特に気に入ったライブ映像は、「Crossroads Guitar Festival 2007」。
オジサン、カッコ良すぎですよ。
YouTubeでSonny Landreth @ Crossroads Guitar Festival 2007をキーワードに検索すると出て

きます。もし削除されていたら失礼。
ついでに色々と出てきますので、見てぶっ飛んでください。(笑)


これは、当分スライドギターにハマリそうな雰囲気です。

30年近く前に買ったスライドバーを探さなくては。たしか捨てないはず。(笑)


ランキング参戦中です。宜しくお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへ

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-11-22 17:32:01

JVストラト

テーマ:ビートルズとおんがく話

ネットオークションを見ていると、最近やたらとJVストラトが出品されている。
目の保養も兼ねて見ていると、思わず入札したくなりますね。

1983年製のJVストラトを所有していますが、物欲にはキリがない。特にローズ指板だったり

したらもうダメ、我慢できませんね、本当に。(笑)
まあ、名機と言われるだけのことはあるのでしょう。機会があれば、是非とも手に入れたい。


スクワイアと言う選択肢も有りかな。

先日知ったのですが、海外には専門のコレクターがいるようですからね。位置付けとしては、

Fenderの姉妹ブランドと言うことになるのでしょうけど、正直Fenderの兼価版と言ったイメージ

が強い。と言うか、昔はそんな風に言っていたのですけどね。
なので、材質やパーツはそれなり。ただし、日本製なので作りはバッチリみたいな感じですか。

「最近のものより、よっぽど作りが良い」なんてことを言う方もいますね。
好みの部分もあるのでしょうけど、値段がサウンドに比例するとは限りませんからね。

弾き手のテクニックが大きくモノを言うだろうし。
そういう意味で言ったら、気に入っている楽器を大事に弾きこんで行くことは、とても大事。

金額じゃないのですよ、きっと。まあ、ビンテージと言われるホンモノは別格として。(笑)


最近、ひそかにトーカイ製のストラトも見ています。
友人が1970年代後半のSPRINGY SOUNDを所有していますが、さすがにこれは素晴らしい。

私のJVストラトとはまた違った意味で、風格がある。(笑)
特にネックの仕上げや、サウンドは特筆モノでしょうね。トライアングルネックに極薄ラッカー。

ボディももちろん極薄ラッカーなので、文句なし。
以前ニアミント状態の、SPRINGY SOUNDをリサイクルショップで見かけましたが、20万円

近い値札が付いていたと記憶してます。
数日後どうしても気になって再びリサイクルショップを訪れた時には、ショーウインドウの中

から跡形も無く消えてましたよ。

だれが買ったかわかりませんが、良い選択でしたね、あれは当たりでしょう、きっと。(笑)


と言うことで、今日は我が家のJVストラトを弾いてました。
そう言えば、愛称がなかったな。ブラッキーのような愛称でもつけようか。
ネックをニトロ系のラッカーでリフィニッシュしているので、ニトロとでも名づけるか。

んー、可愛くないな。どちらかと言うと、不気味ですね。(笑)


JVストラト  JVストラト
【↑画像】 1983年製JVストラト


ランキング参戦中です。宜しくお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへ

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-11-21 22:39:50

どーしたいのだ、一体

テーマ:システムエンジニア

今月に入り仕事が倍増、人手が足りないので仕方がないのですが、ご老体には

ちょっとキツイ。いや、かなりキツイですね。やってもやっても終らない。

追いついてないですね。スケジュールはきちんと組まれているので、やらなければ

どんどん遅れになっていく。しかも、身代わりはいない。(笑)

今日は私用で午後出社したのですが、当然仕事はそのまま山積み状態。
誰かが気を利かせてやってくれるわけなど無い。絶対にあり得ない。(笑)


今回は明らかに人手不足。ある事情で人手をとられてしまったと言うことなのですが、

かなり厳しい状況です。とは言え、期間限定なので何とか持ちこたえないと。
ここで何とかすれば、客からの評価も上がるかな?(笑)

そもそもこんな状況になっているのは、あるチームの無計画作業が原因。
そのチームは人手こそありますが、チームワークがボロボロ。数社による混成チーム

と言うこともありますが、本来チームをまとめていくはずの元請け会社が機能していない。

忙しいのは分かりますが、それは言い訳にしかならない。


一番まずい点は、判断が違うこと。
小さな判断ミスがことごとく重なり、結果的に大きな判断ミスとなっている。
その結果、方向性が狂ってしまっている。どーも、その方が係わると本来の目的から

逸脱してしまうケースが多い。

話をすればまともに近いことは言うのですが、自分で物事を決める度胸が無い。

それだけです。いつも悩んでいてグズグズ状態、質問しても、回答が不明確。

常に玉虫色に輝いている。(笑)


元請け会社のリーダさんがそんなことでは、上手く進むものも進むわけが無い。
ハッキリと物事を言えない性格が招いている結果ですね。

連日関係者が集まり、打合せを実施。
でも残念なことに、本来の目的を考えればやらなくても良い作業。時間と金を

ドブに捨てています。今月だけでも大変な工数でしょう。金を出すのは元請け会社

なのでどうでも良いのですが、それに振り回されるメンバーがいることを忘れてはいけない。
メンバーたちは首をかしげて作業してますよ。だったら、言えという気もしますが。

進言できないメンバーにも責任はあるのでしょうね。なので今は共犯としか言えない。(笑)


人の上に立つ者の判断力が鈍いと、かなり不幸なことになる。
当然自分もだし、周りのメンバーもだし。判断が間違っていたのなら、軌道修正をすれば

良いだけですよ。

どーしたいのだ、一体。そこだけハッキリしてくれ。(笑)


ランキング参戦中です。宜しくお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログへ

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。