9月5日(木)、日本タッチケア協会認定指導者の丸山マチ子さんを講師にお迎えして『子育てのヒントに タッチケア講座』が開催されました。


今回参加して下さったのは0〜1歳の親子さん5組。イヤイヤ期や兄弟姉妹の関わりに悩まれている方も。

参加者の方々の日頃の子育ての様子や悩みなどを自己紹介を兼ねてお話して頂いた後、マチ子さんご自身の子育てのお話もお聞きしました。

講座は人の育ちに何が大切かというところから。

タッチの実際では、タッチする時は相手に聞いて承諾を得てから優しくね ♪ 
でも、あんまりそーっとし過ぎるとメチャメチャ気持ち悪いので気を付けて(笑)と。

こんな感じでタッチしますよ。 
あッ、トンネル キラキラくぐっちゃお ♪ 


優しい眼差しと声掛け、手の温もりと面で適度に押されるタッチの心地良さを体感 ♪ 


ママ自身の深部感覚をチェック

お子さん達はママの傍で自由に過ごしてくれました。

子どもにどんな風に関わったりみていくといいのか、たくさんの具体的な例をお話頂きました。
皆さんきっと日々の関わりに使えそう!というヒントを見つけて帰られたことと思います。

講座でも教わったように、どうにかしようと思わず受け止めて。寄り添って。
適度に頑張って行きましょう✨

参加して下さった皆さん、始終柔らかな表情と穏やかな声でお話くださった講師の丸山マチ子さん、ありがとうございました🍁