春になりあちらこちらに芽吹く野草や山菜など、皆さんは召し上がりますか?
 
旬の物はいいと分かってはいるけれど子どもが食べられるお料理にするのって何となく難しい。。。と思っている方も多いのではないでしょうか。
 
 
森のいえでは、5月14日(火)、小さなお子さんと保護者の方を対象に『春の野草を楽しもう』イベントが開催されました。

 
 
新緑が気持ちの良い時期ですが、残念ながらこの日は雷注意報が発令されていた為、室内での開催となりました。
 
 
講師は、いつもお世話になっているこの方々。
向かって右から、くまちゃんこと熊倉先生、ほしちゃんこと星野先生、しまちゃんこと島倉先生、せとちゃんこと瀬戸先生です。
宜しくお願いしま〜すブルー音符
 
 
旬の物にはた〜くさんの栄養が含まれていて体にとってもいいんですよ〜。
と、熊倉先生のお話を聞いた後、
身近に目にするこちら!
を見ていただきました。
そう、フキとヨモギです。
 
今回のイベントでは、ヨモギと筍を使った
ヨモギ団子、若竹汁、ヨモギと筍のチヂミを作りました。
ヨモギは柔らかい若芽の部分だけを使います。
 
 
さてさて、お話の後は、皆でお団子作り。
混ぜ混ぜコネコネ。
ママと一緒にね♪
どんな感じかな〜?ちょっとヒンヤリ?ザラザラ?
 
 
 
 
 
耳たぶくらいの硬さになったらクルクル丸めてお団子にしてね。
 
先生方が硬さをみてくださるので安心。
 
お団子作りが終わったら〜、
しまちゃんとたみさんのお楽しみタ〜イムキラキラ
 
オカリナとウクレレのコラボ音譜
優しく澄んだ素敵な音色ハート
 
手遊びも。
 
 
お子さんもニコニコ♪
ママもニコニコ♪
 
 
その間、キッチンでは先生方が
お団子を茹でて、なめらか〜なみたらしあんを作ったり、お汁やチヂミを作ったりして下さっていました。
 
 
 
ボランティアスタッフのしばっちと一緒に過ごすお友達も
 
 
お団子が出来上がったら皆で試食タイム♪
 
チヂミを手掴みでパクパク(*^^*)
その姿がと〜っても可愛い〜ラブと先生方のハートを鷲掴み。
 
 
筍のシャキシャキした食感とヨモギの爽やかな香りがほんのりお口に広がってどれもとっても美味しかったですね。
 
試食後、ママさんからチヂミのレシピを教えて欲しいというお声もあり、旬の物を取り入れたお子さん向けのレシピのお役に立てたのかな〜と嬉しくなった会でした。
 
参加して下さった皆様、講師の先生方、ボランティアスタッフのしばっちこと斉藤さん、ありがとうございました。