朝から晴れて太陽気持ちの良いお天気だった2月22日(金)、『お味噌を作ってみよう』イベントが開催されました。

 
お味噌と言えば日本人に一番身近な発酵食品。一度は作ってみたい、いえ、一度と言わず、作り方を覚えて毎年でも作りたいと思う方も多いのではないでしょうか。
 
今年は、たなか農園さんのご主人、田中洸次さんを講師にお迎えしてお味噌の作り方を教えて頂きましたキラキラ3
 
たなか農園さんはお米や野菜、大豆、麹も作っておられ、自家栽培の大豆で作った毎日味噌やおもてなし味噌も販売されています。
この時期がお味噌の仕込みの最盛期とのこと。あちこちで味噌作りの指導をされているそうです。
 
まず作り方の説明等を聞きます。そして、その間にみんなのもとへ配られた温かい大豆を袋の上から潰していきます。
今回はたなか農園さんの自然栽培のえんれい大豆を使用しています。
これが結構な大仕事。
 
皆さんをお迎えする前に大豆を柔らかく茹でてはありますが全ての豆を潰すには意外に力がいります。手前みそのうたをBGMにお子さん達も頑張ってくれました。
 
味噌作りは豆を潰す以外はそんなに時間がかかる工程が無いのでここにじっくり時間を掛けましょうかとおっしゃる洸次さん。その時点で豆を潰し始めて10分経っていました〜。更に頑張ること5分程。大分形が無くなるくらいになったでしょうか。
 
 続いて、たなか農園さんの無農薬の麹と村上のミネラル工房さんのお塩が登場。綺麗ですね。
 
ご自宅で作る場合の塩の分量計算を教えて頂きました。皆さん真剣。
 その傍らで、これ何だろう?と気になって樽を覗き込む僕。
 
塩切りと呼ばれる工程に。
手をスリスリすりすり。美味しくな〜れ*ハート
 
潰したお豆も混ぜて行きます。私もお手伝いにこ
 
混ざったらまーるく味噌玉にして
 
こんな風に容器に敷き詰めて行きま〜す
 
 保存容器や保存方法、保存場所等の説明の際には皆さん色々質問がありましたが洸次さんにアドバイス頂き一安心ホッ
 
作った後は皆でいただきますをしてランチタイム♪
 
たなか農園さんの毎日味噌と大豆の煮汁も使ったお味噌汁も頂きました。美味しかったですね♪
 
イベント最後にはたなか農園さんが作っているお味噌や麹をご紹介頂き、ご希望の方は購入も。



参加された方のアンケートからは
・大豆を潰すのが大変だったが楽しかった
・初めての味噌作りが子供と出来てとっても嬉しい
・思ったより簡単だったので家でも作ろうと思う
などの他、お子さんが遊びに行ってしまい気が気でなかったという感想も。
こちらの反省点もあり今後に活かして行きたいと思います。
アンケートにもご協力頂きありがとうございました。
 

ご自宅でお味噌を作る際は、洸次さんが教えて下さった美味しいお味噌を作るポイントを思い出しながら作って下さいね。
 
参加して下さった皆様、発酵食品についてや麹の保管方法などなど盛りだくさんの内容の説明をして下さった講師の田中洸次さん、ありがとうございましたハート9
 
開封日が楽しみですね♪