田町で働く営業ウーマン・・・。

ある営業ウーマンの奮闘の日々・・・。全国の営業マン・営業ウーマンに読んでほしいブログです。


テーマ:

ここ数年、各業界で不祥事が相次いでいますが、私達に最も近い

保険業界でも昨年の末から「保険契約の不適正な引受」や、

「保険金不払い」などで新聞やニュースを賑わせています・・・。

損保会社トップの東京海上日動の石原社長は今回の一連の責任をとって

代表権のない会長に退くそうですね。

石原社長って、穏やかな頭の良い方でとても魅力的な方だったのに・・・、

組織というのはある一面怖いものですね。

まあ、それはさておき、私達の日常業務でも少なからず影響が出ています。

弊社は複数の保険会社の商品を扱っていて、いわば仕入先が多岐に

渡っているのでまだいいのですが、

保険代理業を主業としているところの多くが一つの保険会社としか

代理店契約をしていません。

これは、代理店維持基準(最低扱い高のようなものです)や各種制約の

為に現状ではなかなか複数の保険会社と上手にお付き合いして行くのが

難しいと判断する代理店が多いということなのですが、

今回のようにメーカーである保険会社の不祥事で一部の保険の取扱いが

出来なくなってしまっては、顧客のニーズに即座に対応することが不可能に

なってしまいます。

不二家の製造停止が決まった時に、いち早くそのスペースに他社製品を

並べ替えたスーパーと、張り紙を出して休業の案内を出した専属販売店の

光景を思い出したのは私だけでしょうか・・・。

ケーキであれば、もし小売店が店を閉めてしまっても、生活にはそう大きな

支障はないかもしれませんが、自分の自動車保険や医療保険を任せている

代理店がもし廃業してしまったら・・・、

それは確かに業務を引き継ぐ代理店が出てくるのかもしれませんが、

ある日突然、面識のない人が来ても、家族の内情や将来のこと、自分の

体の心配事なんかをすぐに話す気になれるかどうか不安です・・・。

電化製品だって、近所のメーカー特約店で買うしか選択肢がなかったのは

かなり昔の話で、今や各メーカーの製品を比べて選べる家電ショップへ行く

人が大多数なのは否めない事実です。

こういった流れは、保険代理店業界にも起き始めています。

先月オープンした来店型ショップのコンセプトは、お客様と一緒に保険をえらぶ

スペースの提供です。

当初の予想より反響が良いのは時代の流れを反映しているんでしょうね。

こんな時代に営業マンに求められるのは、お客様のニーズを上手に引き出す

能力と、その課題解決の為の手段を適格に判断する能力。

これって、ビジネスマンにとっては基本ですが、商品が刻々と変わって行く

保険業界においては、日々情報収集と勉強ですね・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

営業ウーマンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。