ペアトレをしていてよく聞くお話。
子どもにお母さんの考えや
想いを言ってはいけないのか…という話。
 
特性がよくわからなかったり
パニックを起こすのがこわかったり
心配しすぎていたりして
「どうせ言っても聞かないし…」
「子どもが好きなように選べばいい」
「やりたいようにやればいい」
「かわいそうだから…」
「できないから…」
と言って、まだ小さな我が子の
なすがままになることも。

母親に暴力をふるっていたり
ゲーム、YouTube三昧の日々だったり

どの理由にしても、
ほっとくのがベストだろうかタラー
 
本人が気づくまで…
本人が納得行くまで…
もちろんそういうことも
場合によってはあると思う。
 
母の意見や見解を話して
その上で見守るのと
何も言わず見守るのとは
同じ様で違うと思う。
 
お母さんが自分で
干渉が多いと思ったり
過保護だと思っていたりして
これではダメだと逆に
子どもの行動を管理しないために
一生懸命、見ないようにする。

子どもの意思を尊重することは
もちろん大事なことだけど、
何も言わないで自由にした結果
気持ちのコントロールが
出来なくなったりすることも多々。
これってすごくゼロ100思考だなーアセアセ
 
自分の課題と、子どもの課題と
分けるってそういうこと?
子どもの知識、見解は
大人と同じではないですよね。
 
母の意見を聞いて
自分の考えと照らし合わせて考える。
そして納得した上で、
する・しないを選んだことを
親は見守る。

しないことが正解でなくても
少しの失敗ならさせることも必要。
失敗することで試行錯誤するのだから。

そこをサポートすること、 見守ること
それが親が子どもの力を
信じるということじゃないのかなー?

今わからなくても、
あの時、言ってくれてたなーってこと
みなさんの経験にもありませんか?

そして、関係がこじれてしまったりして
あの時言っておけば良かったなー
という後悔をしないためにも
諦めて何も言わないのではなく
何をどう思うのか、
ちゃんと説明もつけて
伝えるだけは伝えてみませんか?


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村