こんにちは、門屋綾です。

いつも読んでくださって

ありがとうございます。

 

 

 

本日よりしばらくの間、

わたしがコーチングで成したいことや

なぜそれを成したいと思うようになったのかを

 

 

 

過去の体験談も交えて

お伝えしていきたいと思いますニコニコ

 

 

 

私には、家族から学んだ人間観があります。

 

 

 

人間には誰しも、

良い面(光や愛)もあれば悪い面(影や恐れ)もある。

『今、ここ』で、どちらの心を選んで行動しているか。

違いは、それしかないのだと。

 

 

 

また、今持っている知恵や知識を使った努力だけでは

到底越えられそうにもない

『生きる困難』を経験するタイミングも、人生にはあります。

 

 

 

その『生きる困難』に真正面から向き合い、

自分の弱さや恐れを認めて

それまでの在り方を柔軟に変えて成長していくことが

生きる上でとても大切なことだと思っています。

 

 

 

なぜ、そのように思うのか?

それは、わたしの人生経験があるからです。

 

 

 

わたしは、機能不全家族の中で生まれ育ちました。

両親がともに愛情不足の家庭で育ち

他人とのより良いコミュニケーションの仕方を知らないままに結婚して

私たち兄妹を育てたのです。

 

 

 

その結果、コミュニケーションの不足から起きる

暴言・暴力・トラブルにいつも見舞われるような、

不安定で混乱した家庭生活を経験しました。

 

 

 

その混乱は

実家を離れて一人暮らしを始めてからも続きました。

 

 

続きはこちらです。

オッドアイ猫

~トラブルの中でも、憎しみより愛を選ぶ~ 『存在レベルでの気づきを与えるコーチング』②

~生きることから逃げない知恵~ 『存在レベルでの気づきを与えるコーチング』③

~2度の精神的な死を乗り越えて~ 『存在レベルでの気づきを与えるコーチング』④

~自分の心の在り方に目を向け続けること~ 『存在レベルでの気づきを与えるコーチング』⑤

~家族から教えてもらった大切なこと~ 『存在レベルでの気づきを与えるコーチング』⑥