焼き菓子

テーマ:
働きながら、おうちのことをしている方々、
本当に頭が下がる思いです。
なんてすごいこと

マクロビのお店で働き始めて、はや9ヶ月が経ちました。時間の流れが早すぎて、もう、なんと言ったらいいのか。表現のしようもないほどの気持ちです。
4月よりお菓子を担当することになりまして、せっせとお菓子を作る日々ですが、とっても楽しくて、あれやこれや試行錯誤しながら、元気に過ごしています。


焼き菓子は今のところ、
クッキー、スコーン、パウンドケーキ、マフィン、ブラウニーなどを焼いていますが、
こちらの状態でお菓子の出来が違うのがよくわかって、驚きます。

心配ごとがあるとスコーンの形が歪んだり、
ワタワタしてスムーズに進まないと膨らみが悪かったり、
余計なことを考えながらやっていると、パウンドケーキの割れ目がおかしなことになったり、
その他、なんだか固く出来上がったり、焦げやすかったり、
不思議ですが、全部伝わっているようで、毎度身が引き締まる思いです。

そんなお菓子の様子を見ていて、
これは体内に入っても影響してしまうよなぁ、と思ったりします。
たとえば、忙しなく作ったものは、食べていてもなんだか忙しなくて、心もどこか落ち着かない。気がする…
形もそんな感じになるし

食べた人の身体と心に緩やかに馴染む、
生きることを後押ししてくれるような食べものを作りたい。
食べものは、
たとえばお米ならお米の、トマトならトマトの、鶏肉なら鳥の、それぞれの命がわたしたちの命を支えてくれているのであって、悪影響を及ぼすべきものではないはずです。
どんなによく作用してくれるものであったとしても、お料理をする人の手によって調子が悪くなってしまっては申し訳ないなぁ、と、
少し大袈裟かもしれないけれど、そんな風に思わずにいられません。

だから、作るわたしは整っていたいなぁ、
と思い、
なにやら最近いそいそと
お家のお掃除をしたり、バレエを再開したり、しております。
バレエを選んだ経緯はまた次回に。





今日は、お店のある通りでラベンダーを収穫するワークショップがあります。
ありがたいことに、ラベンダークッキーなるものを作らせていただきました。
美味しく召し上がっていただけますように。



さて、クッキー大量に焼いてきました。
今日から東京です!