両親の介護ハッスルタイムに突入します♪


遺品整理の現場での遺族のやり残しを見てきたからこそ…

過去にめいっぱい私に時間と愛情を注いでくれた両親の介護ハッスルタイムが始まりました!!


父の一番大切にしている会社を継いでくれたお兄ちゃんみたいな弟。

優しくて憧れでいつも静かに支えてくれている姉。

兄弟でタッグを組みながら長期戦に入ります!!




生前整理をしていなかったらきっと気がつかなかった事。

家族との愛おしい時間。


久しぶりに詩を書いてみました。


【今度は私の番】


あなたが上手にご飯が食べれなくても、私が小さかった頃は何度も何度も口を拭いてくれたから今度は私が口を拭く番


あなたが上手に話せなくても何度も何度も話せるように付き合ってくれたから今度は私が付き合う番


あなたが何度も同じことを言っても私が小さな時には同じことを何度も言う私を笑顔で見ていてくれたから今度は私が笑顔で聞く番


命の光が少しずつ弱くなってくるのを感じて泣けてしまう時があるけれども、その涙はあなたの前では見せません。

なぜなら私が反抗ばかりしていた時にあなたは涙を見せなかったから。


最後の最後まで私がしっかり見届けます。

生まれてきたときに喜んでくれたみたいに最後の旅立ちを喜んで見送る日まで。


今度は私がやる番!!


こんな詩が…

私の活躍を誰よりも見守ってくれているのでお志事を続けていきなから♪♪


二兎を追う者は三兎をも得る←私の考え方♡