消費税法と事業承継税制の研修と本日購入した本 | 経営者とともに一緒に成長していく! 湘南BUN税務総合事務所

経営者とともに一緒に成長していく! 湘南BUN税務総合事務所

『お客様と一緒に成長しよう』『ピンチをチャンスに』
これが湘南BUN税務総合事務所のモットーです!
法人・個人事業の会計や税務から、贈与・相続などの資産相談はもちろんのこと、女性の起業家や子育てママのサポートまで幅広く支援しております。


テーマ:
本日は、
今年の10月1日から消費税が10%、軽減税率が始まることで、その直前の消費税法についてと、
個人の事業用資産の納税猶予制度に係る税法と円滑化法規則と非上場株式等に係る納税猶予の研修でした。

増税は経験済みですが、軽減税率は、はじめての経験です。はじめてのことは特に興味深く、新鮮で面白いです。

研修では、岩下先生はテンポ良く楽しく話してくださいました。
例えば、
原則、軽減税率の適用対象でない一体資産は、
①一体資産の譲渡の対価の額(税抜価額)が、1万円以下
②一体資産に含まれる食品に係る部分の価額の占める割合として合理的な方法により計算した割合が3分の2以上
①②の全ての要件を満たすと軽減税率が適用されます。

また中小事業者の特例計算は売上ぜいがくの計算の特例や卸売業又は小売業限定の小売等軽減仕入割合の特例や軽減売上割合の特例や50%基準の特例など、様々な特例を覚えて計算していくことも大事です。

また請求書の書き方やテイクアウトと店内飲食がある場合の消費税を考慮した価格表示を教えてもらいました。
ここほか、多くの情報を得たので、お客様にその情報提供出来るよう努めていきます。

沢山あり過ぎて・・・
今後ブログに書かせてもらいます。

ところで、
本日購入した本は

最近多く扱う組織再編成、租税条約、資本等取引についてもわかりやすく書いてます。





あや税理士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります