消費税:平成30年度税制改正の概要 | 経営者とともに一緒に成長していく! 湘南BUN税務総合事務所

経営者とともに一緒に成長していく! 湘南BUN税務総合事務所

『お客様と一緒に成長しよう』『ピンチをチャンスに』
これが湘南BUN税務総合事務所のモットーです!
法人・個人事業の会計や税務から、贈与・相続などの資産相談はもちろんのこと、女性の起業家や子育てママのサポートまで幅広く支援しております。


テーマ:

そろそろ、税制改正大綱の話題がでていて、今回もどのようになるか楽しみです!

税制が複雑化ではなく簡素化の動きになってくれるといいですが。政権の方針によっても違いますね。

 

そんな税制改正大綱にちなんで、

平成30年度の税制改正のことを書かせてもらいます。

税制改正を書くとボリュームが半端ないですので、消費税の概要だけに絞ります。

 

改正

・大法人の電子申告の義務化

資本金等1億円を超える法人が対象

 

・有価証券等の譲渡に係る内外判定の明確化

振替機関等の所在地が重要ポイントに

 

・長期割賦販売等の延払基準の廃止

経過措置後廃止

 

・輸出物品販売場における免税下限額の緩和

一般物品と消耗品の合計額が5,000円以上であることを対象に加える

 

・輸入に係る消費税の脱税犯に係る罰金刑の上限の引き上げ

上限を脱税額の10倍に引き上げ

 

・簡易課税制度のみなし仕入率の見直し

食用の農林水産物を精算する事業を第2種事業へ(改正前は3種)

 

・電子インボイスの範囲の拡大

適格簡易課税請求書のうち一部が電磁気記録にすることも

 

・地方消費税の清算基準の見直し

など。

消費税だけでこれだけ改正になるとは。

インボイス方式の準備が今後も着々とされるのではないでしょうか。

留意店が多く目を離せないですね。

 

 

 

 

 

あや税理士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります