消費税実務の留意点 | 経営者とともに一緒に成長していく! 湘南BUN税務総合事務所

経営者とともに一緒に成長していく! 湘南BUN税務総合事務所

『お客様と一緒に成長しよう』『ピンチをチャンスに』
これが湘南BUN税務総合事務所のモットーです!
法人・個人事業の会計や税務から、贈与・相続などの資産相談はもちろんのこと、女性の起業家や子育てママのサポートまで幅広く支援しております。


テーマ:
消費税実務の留意点についての研修でした。

全て裁判事例について。
電子インボイスの範囲は拡大していくんだろうな。そしたら免税事業者との取引をと考えると・・

農業、林業、漁業のうち飲食料品の譲渡を行う事業は、第3種から第2種へ簡易課税制度のみなし仕入率の見直しになります。


今回の
訴訟事例のうち、
税理士が病気になったときに、期限内の簡易課税の届出の提出期限を超えてしまった。
この際、やむを得ない事情に該当するかどうか。
課税期間の特例の選択をし、3ヶ月又は1ヶ月ごとに、。簡易課税制度を適用して確定申告書を、提出することとなります。





あや税理士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります