仮想通貨 雑所得 計算式 | 経営者とともに一緒に成長していく! 湘南BUN税務総合事務所

経営者とともに一緒に成長していく! 湘南BUN税務総合事務所

『お客様と一緒に成長しよう』『ピンチをチャンスに』
これが湘南BUN税務総合事務所のモットーです!
法人・個人事業の会計や税務から、贈与・相続などの資産相談はもちろんのこと、女性の起業家や子育てママのサポートまで幅広く支援しております。


テーマ:

最近は、動画の配信を楽しみにしています。

 

無駄な動きをしないよう効率を考え近道を進む人より、失敗を恐れずにどんどんチャレンジをしていく人こそ魅力的です。

 

ところで、

ビットコインなどの仮想通貨の取引で得た利益は、原則として

雑所得です。

雑所得なので、他の所得と損益通算できません

 

また、国税庁から、計算式については、以下のように説明しています。

 

例えば、3月9日に200万円(手数料を含む)で4ビットコインを購入し、5月20日に0.2ビットコイン(同)を11万円で売却したケースでは、保有する仮想通貨を売却(日本円に換金)した場合、その売却価額と仮想通貨の取得価額の差額が所得金額となります。

計算式は、

「11万円(売却価額)-(200万円÷4BTC)(1ビットコイン当たりの取得価額)×0.2BTC(支払ビットコイン)=1万円」

で、1万円が所得金額となります。

また、

3月9日に200万円(手数料を含む)で4ビットコインを購入し、9月28日に15万5,000円の商品購入に0.3ビットコイン(同)を支払ったケースでは、

保有する仮想通貨を商品購入の際の決済に使用した場合、

その使用時点での商品価額と仮想通貨の取得価額の差額が所得金額となります。

計算式は、

「15万5,000円(商品価額)-(200万円÷4BTC)×0.3BTC=5,000円」で、5,000円が所得金額となります。

 

 

あや税理士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります