需要と供給のバランス 古物商 ホールインワン保険の税務 | 経営者とともに一緒に成長していく! 湘南BUN税務総合事務所

経営者とともに一緒に成長していく! 湘南BUN税務総合事務所

『お客様と一緒に成長しよう』『ピンチをチャンスに』
これが湘南BUN税務総合事務所のモットーです!
法人・個人事業の会計や税務から、贈与・相続などの資産相談はもちろんのこと、女性の起業家や子育てママのサポートまで幅広く支援しております。


テーマ:

今日は、ボードゲームのフリーマーケットに参加しました。

 

中古のボードゲームをブースに展示して販売をしていたのですが、飛ぶように売れていました。

飛ぶように売れていたので買い手は喜んでいたのは勿論、売り手の顔も喜んでいた様子を見ると、

まさに需要曲線と供給曲線が交わっていると思いながら、じっくり様子を見ていました。

 

私は、フリーマーケットに参加しておきながら、ボードゲームの新品も中古市場の金額がわからなかったので、

料金について役立たずで終わってしまいました。

ただバランスの分析観点では、私にとって非常に楽しい時間が過ごせました。

 

どうして、そんなに関心を持っていたのかというと、

私たちの会社では、先月、古物商の許可を取りました。だからどのように今後中古市場を扱うのかどうか非常に興味があったのです。

 

ところで、

 

ゴルフのホールインワン保険金を受け取った場合の税務は以下のようになります。

 

ホールインワンをして契約者が受け取る保険金は一時所得の収入になります。

 

一時所得なので計算式は、

総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)

よって、50万円までは所得になりません。

50万円以上受け取った場合に参考にしてください。

 

ちなみに、ゴルフ保険で他人を死傷させた場合におりた保険金は損害賠償金なので所得税は課税されません。

 

また、ゴルフクラブが折れた等の受け取る保険金は損失であっても雑損控除に該当しません。(しかし、盗難の場合は雑損控除に該当)

 

あや税理士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります