今年もあと少し | 経営者とともに一緒に成長していく! 湘南BUN税務総合事務所

経営者とともに一緒に成長していく! 湘南BUN税務総合事務所

『お客様と一緒に成長しよう』『ピンチをチャンスに』
これが湘南BUN税務総合事務所のモットーです!
法人・個人事業の会計や税務から、贈与・相続などの資産相談はもちろんのこと、女性の起業家や子育てママのサポートまで幅広く支援しております。


テーマ:
今年もあと少し。通年通り、税制大綱も発表され、今は落ち着きモード。

現在は、確定申告前にお客様から資料を頂いて、内容を拝見しています。
この日経平均23,000円となり、の景気が良く、配当も特別配当は一切なく大儲けの人が多いです。
そんな利益が多い時期に、
トントンの人やマイナスの人もいて、ついついお節介に、
『何で、今年リートの、しかもラサールにしたの?』と聞くと、
だいたい自分では投資せず、証券会社や銀行の転勤が多い担当任せに動いている人が多いようです。元に戻ったから株を売るようした方がいいと言われるのでしょうが、手数料がかかるだけの場合もあります。そんなのケースバイケースなのに。自分で知識を身につけないと。
深い知識はなくても、せめて、自分が投資しているものは理解して欲しいです。1億円近く投資していて、今年負けている人を見るとついつい色々思ってしまいます。フィデリティ証券とか手数料は無料で出来るし、任せるとしても、内容をある程度理解してから任せるのがいいと。
 
ところで、
限度額内でふるさと納税をしていない人は、年越す前に支払い(寄付)を、
贈与をしようと考えている人で暦年課税の人は、2年(29年末までと30年1月など)にかけて2回に分けると、税率が低くなるので、年越す前にするのもいいですね。
 
事業承継税制も使いやすくなってきたことは、 経営者にとっては嬉しいことです。しかし、今回は、特に富裕層にとっては、増税ですね。
 
私は、毎年遺言書を書いてます。遺言書は、上書き方式で、最後のものが基本有効です。
事業や財産のことだけでなく、
私はお墓を作らないで欲しい、なぜなら、同じ場所にいることやお墓を管理することで子供に面倒をかけたくないので、散骨にしてもらいたいなど、遺言書には書いています。
自分の気持ちを書いて、残す手段として遺言書を作成してます。
 
 
 
{82B786AB-1977-43A5-A45C-32C842C4EE1E}

 

あや税理士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります