こんにちは。「カラダとココロを豊かに笑顔の輪」を

広げる整体サロンame山本です。

 

今回はちょっと違う目線からのコロナ対策のお話です。

テレビなどで大声で話さない
飛沫感染を防ぎましょうと言われていますね。

皆様はご自身の呼吸が
鼻呼吸か?口呼吸か?どちらでしょう。

コロナは下気道感染といわれています。
口呼吸をしているとバンバンとウイルスが入ってきてしまいます。

口を閉じたとき、舌は上あごについていますか?
上あごについていれば鼻呼吸で問題はありません。

ただ、首やあご、肩の筋肉が緊張してしまうと
自然に力が抜けなくなり
結果、舌が下あごに降りてきて口呼吸となってしまいます。

ゆっくり深呼吸(鼻から吸って、口から吐く)を
寝ころんだ状態で、首に緊張が走らないようにして
行うことで全身の緊張が取れやすくなります。

リラックスして鼻呼吸で健康維持をしてください。