全部、独りで段取りしていたのに... | アバンセライフサポート新米デザイナーのひとり言

アバンセライフサポート新米デザイナーのひとり言

仕事と介護と趣味も、どれ一つ諦めたくない貪欲な障害者のひとり言です。


テーマ:

母との別れも、そこそこに...えーん

  • “この時間だと今晩お通夜で、明日お葬式になる可能性が高い”
  • “なので、まずは仕事に出ちゃうといけないから親戚に連絡を...”

と思って...

 

メールやSNS、そして電話を使って「母が亡くなったこと」を伝えていました。でんわメールLINE

 

連絡が一段落した頃、ようやく姉宅がやってきました。顔

 

姉宅から病院までは15分ぐらいで来られるはずです。sss

 

なのに、私が電話をしてから1時間ぐらいかかっています。えー

 

実は、父の時も、めっちゃ来るのが遅かったです。はぁ?

 

だから..

.

正直、私の心の中には“あなたの親でもあるんだぞ、何を置いてでも飛んで来いよ”っていう気持ちが、どうしても拭いされませんでした。えー?

 

それなのにです。

 

一通り“別れを済ませた”後の第一声は...

  • 「葬儀屋さんに連絡したか」
  • 「この時間だと今晩通夜の可能性が高いだろう」
  • 「なんで、まだ連絡していないんだ」
  • 「親戚とはいえ、メールやSNSの連絡は失礼だろう」
  • 「病院に迷惑かけちゃあかんだろ」

って怒ってきました。えー

 

正直、そんなことは、私でも百も承知です。

  • “あなたが、もっと早く来て、私と分担してくれれば、葬儀屋さんにだって、直ぐに連絡できたのに...”
  • “父の49日や1周忌に何度も連絡したのに繋がらなかった親戚があること知らないだろう、結果的にSNSで繋げたのに...”なんてことも知らないくせに...

って怒りたくなりました。プンプン

 

でもね。

 

お世話になった病院で姉弟喧嘩を見せるのも見苦しいと思ったのでね。笑い泣き

 

私が、ひたすら我慢しておけばいいと思ったので、とりあえず耐えておきました。イラッ

 

そして...

 

親戚の連絡が一段落した後、葬儀屋さんに連絡しました。でんわ

 

それでも午前8時頃には連絡したんですよ。

 

で...

 

結果的に、予定していた会場が使用中だったので...

  • 翌日に通夜式焼香
  • 翌々日に葬式仏壇

ってことになって、この日は別室(別の会場)で安置になってしまったんですがね。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

ピロピロさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ