建物価格と税務調査 | 元育休サラリーマンの実践不動産投資ブログ

元育休サラリーマンの実践不動産投資ブログ

現在6棟40戸を所有しており、年間CF1000万達成しました!

4歳と1歳の女の子の父親です。
将来のリタイアの練習も込めて、2019年4月から4か月間育休を取得しました。

不動産投資の実践とたまに子育てについて書いていますので、ぜひご覧ください。

こんにちは、コウスケです。

 

 

 

ここなら税務調査も耐えられる…かも。

↓↓↓

 

 

 

減価償却のため、土地と建物価格の按分を固定資産税評価額でやると書きました。

 

https://ameblo.jp/a-k-investments/entry-12603469453.html

 

 

 

 

 

結果、建物価格が購入価格の8割となってしまうという…

 

 

 

築40年を超えた物件なんですけど…

 

 

どんだけ、土地の値段の安いところの物件を買っているんだよ滝汗

 

 

 

 

 

 

しかし、この按分方法に対して税理士さんからコメントが…

 

 

 

 

 

この方法で、この割合だと、税務調査に耐えられない可能性があります!!

 

 

もう少しバランスを取ったやり方がよいかと思います。

 

 

 

 

 

え、マジっすか!!びっくり

 

 

よく分からないけど、そういうなら、お任せします。

 

 

 

 

 

普段は攻めまくりな税理士さんなのですが、リスクが高いと判断すると、しっかりと提案してくれます。

 

ありがたい限りです。

 

 

 

でも、固定資産税評価額でやると、税務調査で負けてしまうことがあるんですね。

 

詳しくはよく分かりませんが、新たな発見です。

 

まあ減価償却分は売却時に税金として取られてしまうので、そこまで大きくなくてもよかったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

そして税理士さんからの再度のコメント

 

 

 

同様の事例で税務調査で負けてしまうことを何度も見たことがあります。

 

なので今回は当事務所としてはかなり保守的にやりました。

 

ただ、他の部分でしっかりと取り戻していきますので、ご安心ください!!

 

 

 

 

 

あ、やっぱり攻め攻めな姿勢は崩さないんですねニヤニヤ

 


(追記)


コメントで気づきましたが、固定資産税評価額で、住宅宅地の特例適用の評価額見てました。


だからむちゃ安かったんですね。


お恥ずかしい…



 

いつもポチありがとうございます。

組織票が限定的(私と妻)なので、助かります。

↓↓↓

 

 

 

コウスケはこんな奴です。

はじめましての方はこちらもご覧ください!