銀行からくる投資勧誘の電話 | 元育休サラリーマンの実践不動産投資ブログ

元育休サラリーマンの実践不動産投資ブログ

3歳と0歳の女の子の父親です。
将来のリタイアの練習も込めて、2019年4月から4か月間育休を取得しました。

育休ネタと不動産投資の実践について書いていますので、ぜひご覧ください。

こんにちは、コウスケです。

 

 

 

明日から12月ですね。
 
今年はもう終わり。来年から本気出す。
 
それとも、今年の締めだからこそ最後まで気を抜かずに今年を1年にするために本気出す。
 
さあ、あなたはどっち?

↓↓↓

 



物件購入のために、いくつにも分散されている預金をひとつの口座に集めています。

 

 

そうするとその口座のある支店から電話がかかってくるんですね。

 

 

 

 

お預けいただきありがとうございます~、なんて言っているけど、本当の目的は資産運用の勧誘。

 

 

 

話を聞くと、NISAとか保険とかやりませんかってやつです。

 

 

 

 

「あ~、これは不動産投資用の資金なんです」

 

 

「そういったものとは利回りが全く違うんで」

 

 

 

そんなことでしょうもない金融商品のために、わざわざ電話かけてくるなって言いたいところだけれども、そこはぐっと我慢。

 

 

 

 

「今度不動産投資用に物件見つかったら、融資のご相談させていただきますね!」

 

 

 

と言って、爽やかに電話を切る。

 

 

 

銀行のシステムがどうなっているのか全く知りませんが、不動産投資用に現金を集めてますってのが私の履歴に残ってくれるといいですね。

 

 

まあ、そんなナイスなシステムないか。

 

 

 

いつもポチありがとうございます。

組織票が限定的(私と妻)なので、助かります。

↓↓↓

 

 

 

コウスケはこんな奴です。

はじめましての方はこちらもご覧ください!