無保険世帯、ついに保険に加入 | 元育休サラリーマンの実践不動産投資ブログ

元育休サラリーマンの実践不動産投資ブログ

3歳と0歳の女の子の父親です。
将来のリタイアの練習も込めて、2019年4月から4か月間育休を取得しました。

育休ネタと不動産投資の実践について書いていますので、ぜひご覧ください。

こんにちは、コウスケです。

 

 

 

メガ大家さんはどんな保険に入っているのでしょうかね?
相続対策しないと大変なのかな?

↓↓↓

 

 

 

社会人になって十数年間、保険というものに加入したことがありません。

 

 

保険のコンセプトは自動車保険がいい例ですが、万が一のときに困らなくする、というものなので、必要最低限、極力シンプルな保険に入るのが吉と信じています。

 

 

っていうか、十分な現金があれば、保険なんて入らなくっていいじゃん、ということで結局は無保険状態が続いています。

 

 

 

ちなみに妻は結婚前にお付き合いで加入していた保険があったようですが、結婚した直後に解約させるという亭主関白ぶり!

 

 

 

 

 

 

 

そんな我が家ですが、変節して保険に入ろうかなと考え始めています。

 

 

というのも現預金のほぼすべてをつぎ込んで、アパートを買うことにしたので、現金がすっからかん…

 

 

 

 

現金がないと、事故で夫婦ともども死亡して、子どもだけが残された場合、相続税が発生した時に支払えないじゃん…

 

 

 

ということで、定期の死亡保険に加入しようかな。

 

 

これが万が一のときに備えるってやつです。

 

 

 

 

日々の生活費は家賃収入で賄えるから、そっちはいらない。

 

 

 

 

 

まずはどの程度の金額になるのか、保険代理店に見積もりをお願いしに。

 

(もはや相談する必要もないので、あくまでも見積もりをお願いするだけ)

 

 

 

 

そうすると、保険金額を2000万円として、10年間の定期死亡保険で4000円~5000円。

 

 

 

 

あ~、結構高いんですね…チーン

 

 

 

 

 

ネット専業の保険会社で簡易見積もりもやってみたところ、同じ条件で2600円。

 

 

 

 

お、こっちの方がいいじゃん!

 

 

 

 

さらに私よりも妻のほうが不動産を持っているので、妻で見積もりを出すと…

 

 

 

月額2000円。

 

 

 

おお~、ずいぶんと安くなったな。

 

 

 

年間24000円で、2000万円の保障がついてくるのであれば、悪くなさそうです。

 

 

 

 

念のため都民共済も調べてみたけれど、入院保障とかが付いてくるせいで、結局安くならない…

 

 

 

 

 

 

ということで、ネット専業の保険会社で契約と相成りそうです。

 

 

これで無保険世帯ともオサラバですわ。

 

 

 

 

注:あまり保険について理解していない奴が書いているので、いろいろ間違えていたらごめんなさい!

 

 

 

いつもポチありがとうございます。

組織票が限定的(私と妻)なので、助かります。

↓↓↓

 

 

 

コウスケはこんな奴です。

はじめましての方はこちらもご覧ください!