期間は短いですが

5月下旬〜6月には生のらっきょうが出回ります

焦げ目がつくまでフライパンで焼く「焼きらっきょう」にすると辛味が和らぎホクホクした食感が楽しめます

 

らっきょうは食物繊維がごぼうの3〜4倍

便通の改善にお勧めです

らっきょうの匂い成分の硫化アリルはビタミンB1の吸収を高めるので

ビタミンB1を多く含む豚肉との相性が良いです

(JAグループ)

https://life.ja-group.jp/food/shun/detail?id=52

 

薬膳的には

体を温め気の巡りを良くするので

○冷え性

○便秘や下痢

○風邪・発熱

○食欲不振

などにおすすめです

 

漢方では

薤白(がいはく)という名前で

冷えが原因で起こる胸や背中の痛みに使われます

 

生らっきょうはすぐに芽が出てしまうのでその日のうちに使い切りましょう

 

 

(ナレーション:音読さん)

#漢方の暮らし365日

#薬膳の食卓365日

#鷺沼漢方薬

#たまプラーザ漢方薬

#あざみ野漢方薬

#宮前平漢方薬

#宮崎台漢方薬

#鷺沼漢方薬

#センター北漢方薬

#さぎ沼商店会

#川崎市宮前区鷺沼

#漢方薬

#子宝漢方薬

#妊活漢方役

#不妊カウンセラー

#産後うつ漢方薬

#生理痛漢方薬

#不眠漢方薬

#自律神経漢方薬

#慢性疲労漢方薬

#更年期漢方薬

#かゆみ漢方薬

#アトピー漢方薬

#便秘漢方薬

#チック漢方薬

#掌蹠膿疱症漢方薬

#夢三七

#ワタナベオイスター

#キヨーレオピン

#婦宝当帰膠