<油は悪者か?中性脂肪と必須脂肪酸の関係>

最近はやたらと悪者扱いされる油ですが、油は人間にとって大切な3大栄養素(タンパク質・炭水化物・脂質)のひとつ「脂質」の供給源。

 

食品に含まれる脂質はおもに「中性脂肪」。

中性脂肪はグリセロールに3つの脂肪酸が結合した形をしていますが、この脂肪酸が重要な成分です。

 

脂肪酸には体内で作ることができない「必須脂肪酸」と呼ばれる「n-3系脂肪酸」と「n-6系脂肪酸」があり、私たちは食べ物からとる必要があります。

 

必須脂肪酸が欠乏すると、皮膚が炎症を起こすことも報告されています。

食品群別に見ると「植物油」が主要な供給源になっています。

 

つまり私たち人間は「質の良い油」をとる必要があるということですね。

https://www.kewpie.com/education/information/oil/about/

(キューピー 油と健康)

 

<サラダ油だったらなんでもいいの?こだわりの油とは!>

植物油の作り方には大きく分けて「圧搾法」と「抽出法」の2つがあります。

 

○圧搾法:圧力をかけて搾り取る方法。抽出量は少ないが菜種の風味が残る。「圧搾一番搾り」などと表示されていることが多い。

 

○抽出法:N-ヘキサンという化学溶剤を加えて溶剤に移し取り、溶剤を揮発させて油だけを残す方法。圧搾するだけよりも、より多くの油を抽出することが可能。

一般的なサラダ油はこの方法で作られています。

 

化学溶剤を使う「抽出法」も安全性が認められた方法ですので、特に体に悪いものではありません。

 

一方で、それぞれの原材料には必須脂肪酸だけでなく、ビタミンやミネラルなどの栄養も含まれています。

 

また、現在一般に流通している菜種油の大部分はカナダ産で、ほとんどは「遺伝子組み換え」されたものです。

 

健康のことを考えるなら、様々な栄養が残っている「圧搾法」で作られたサラダ油が、より良いでしょう。

https://hiratasangyo.com/difference/

(平田産業有限会社 油のこだわり)

 

 

一般的な植物油は製品になるまで色々な化学薬品が使われているのも事実です。

https://www.nisshin-oillio.com/oil/qa/qa24.html

(日清オイリオ 油に関するQ&A サラダ油ってどうやってつくられるの?)

http://www.y-oil.com/natane/

(目黒の安田 素性確かな「なたね油」ができるまで)

 

<オススメ商品紹介>

オーサワジャパンのなたねサラダ油は

福岡県の平田産業有限会社で作られた圧搾一番搾り製法

原料の菜種(オーストラリア産)は遺伝子組み換え不使用です

圧搾法一番搾り、湯洗いした後、物理的製法によって脱色・脱臭したクセのないサラダ油です

軽くあっさりした風味で、揚げ物などに繰り返し使用できます

炒め物や揚げ物、ドレッシングなどにおすすめです

 

1360g 1,258円(税込)

https://macrobioticweb.com/index.cgi?item_code=001542&actmode=ItemDetail

 

#サラダ油

#植物油

#菜種油

#圧搾法

#必須脂肪酸

#n-3系脂肪酸

#n-6系脂肪酸

#遺伝子組み換え不使用

#湯洗い

#抽出法

#化学溶剤

#N-ヘキサン

#オーガニック

#オーサワジャパン