今年の晩夏から初秋は雨が多いので草が伸び放題!

 

鷺沼駅の土手も草が伸び放題です😅

(保育園の園児たちが電車を見るのを邪魔しています)

 

今年のような秋の長雨を

漢方では「湿邪(しつじゃ)」と呼びます。

 

土に水がたっぷり溜まって草が伸び放題になるように、

私たちの体にも湿気がたまりやすくなります。

 

湿気が溜まり過ぎると、

湿気が濁ってネバネバに変わり、

巡りを妨げて次のような症状を引き起こします。

 

□大小便がスッキリでない

□胸がつかえる

□むくむ

□体・手足が重だるい

□関節が重痛い

 

濡れた衣服を着ているような重だるさや、

症状が「下半身」に出やすいのも湿邪の特徴です

 

対策は、

○水分の取りすぎ

○胃腸の弱り

○冷たいものの取りすぎ

に注意しましょう😊