お彼岸を過ぎたころに

のど痛

鼻炎

皮膚のかゆみ

便秘

でお困りの方が

立て続けに

いらっしゃいました。


偶然かもしれませんが

肺ー大腸ー乾燥ー秋

を連想してしまう

症状の方ばかりだったので、

こういうので季節を感じるのも

漢方を勉強しているおかげ?

かもしれませんね。



鼻炎については

先日のZIP!という

朝の情報番組で

秋の花粉症について

取り上げられていました。


インタビューされていた

先生が行っている花粉観測調査では

秋花粉の飛散量

例年の10観測された

とのことだったので、

花粉症の方は

相応の対策も必要そうです。


今のご時世では

くしゃみ・咳に対して

とても敏感なので、

ここぞという時に

シャープに効く薬は

心強い味方ですが、

これからの季節は

夏の消耗・お疲れのうえに

乾燥が加わるようになるので

粘膜の機能が低下しやすいですし、

粘膜を回復させる体力がない方は

症状もひどくなりがちです。



シーズンごとに

症状が強くなっていると感じる方や

いつもの治療薬の効果が

だんだん悪くなっていると感じる方は

粘膜を丈夫で良い状態に保つ

体力をつけていくことも

大切です‼︎



具体的な症状が気になる場合には

ご相談くださいね‼︎



乾燥対策に良いお茶もございます。

秋におすすめの白い食品のひとつ

百合根も配合されています^ ^



川崎市宮前区・

東急田園都市線・

鷺沼駅徒歩1分 

☆子宝・生理不順・生理痛・更年期・

アトピー・にきび・こどもの健康☆ 

漢方相談・

エーケー有馬薬局